『バムの「バムイン(BAM INN)」に落ち着いて、町を歩くがバムには何にもない(涙)』@バム/イラン


【城砦から見下ろしたアルゲバム(1999)】
1999年8月22日午後4時、バムの町外れのロータリーに、ザヘダンからのバスが到着する。
ザヘダンのバスターミナルを午前11時に出たバスが、バムまで5時間かかったわけだ。

これから、バムの町へ行って、宿を見つけなければならない。
でも、午後4時ならば、十分な時間があるよ。

僕の隣に座って、英語で話をしていたイラン人の若者が、町への行き方を教えてくれる。
僕がバスを降りたら、彼もわざわざバスを降りて、町の方向をはっきりと指示する。

「乗り合いタクシーに乗ればいいから」と言う。
彼がまたバスに乗るとき、僕は大きく手を振って、感謝の気持ちを表す。

さて、町の方向はわかった。
乗り合いタクシーで町へ行けることもわかった。

そこで世界旅行者が考えることはなんだろう?
すでに気がついている人もいるだろう。

「方向がわかっているのならば、歩いていった方が楽しくないかな?」ってことね。
それで、ホンの10mばかりは歩いた。

しかし後ろからやってきた乗り合いタクシーに声をかけられる。
結局タクシーで行くことにした。

正直、歩いていくには遠すぎた。
タクシーに乗ったのは、正解だったよ(笑)。

バックパックを背負って歩いていくとしたら、僕はここで遭難していたことだろうね。
歩くようなところじゃなかったんだよ。

もちろん、バムにもちゃんとしたバス会社はある。
バスによっては、町の中にあるバムのバス会社に到着するものもある。

乗り合いタクシーは、町まで250リアル。
1999年のこの時期のレートは、千リアル12円程度と考える。

つまり、乗り合いタクシーは3円だよ、3円!
タクシーは町へ入り、他に3人ほどいた乗客は降りてしまう。

問題は自分がどこに行くのか知らないってこと(笑)。
運転手も英語は全くしゃべれない。

運転手は、僕をもちろん観光客だと思っているので、そのままアルゲバムへ行ってしまった。
でも僕は、いま、つまり午後4時半ごろにアルゲバムを見る気もないしね。

そこで、また町へと戻った。
アルゲバムと、バムの町の中心は中途半端に離れていたんだ。

それで、タクシーに1500リアル、ボッタクラレた。
でも、1500リアルとはいっても、20円しないんだけどね(笑)。

さて僕はそのころ「地球の歩き方」に紹介してあった「AMINI GUEST HOUSE」へ。
ここは、ドミで1万5千リアル(200円弱)。

ドミに泊まりたくないので、聞くと、3人部屋があってそれを1人で使うと6万リアルだと。
これだと720円くらいだが、ドミを1人で使えるというだけなので、部屋はよくない。
「Lonely Planet」を見ると、「バムイン(BAM INN)」という、ちゃんとしたホテルがあるので、そこまで歩いて行く。
歩いていると、自転車に乗った少年が僕を追いかけてきて、「TOURIST GUEST HOUSEに泊まったらいいよ!」と声をかけてくる。
ただ僕は、「Lonely Planet」を基本的に信じている。
声をかけてくる現地の人は、原則的に、疑っているので、バムインへ歩く。。

バムインへ行くと、結構まともなホテルだった。
部屋はトイレシャワー付き、バルコニー付きで、エアコン、ホットウォーターが出る。

ツィンのシングルユースで10万8千リアル、約13ドル。
気に入ったので102号室にチェックインした。

全体的にちゃんとしたビジネスホテルという感じ。
トイレは、ホースで流すアラブ式だったけども、清潔だ。
バスタオル、フェイスタオル各2枚ずつ置いてある。
クーラーがガンガン効いて、部屋にいるとホッとする。

何しろ前夜は、クエッタからタフタン国境まで、クーラーもないバスで、ウトウトしただけだった。
今夜は、清潔なベッドでゆっくり寝たいものだね。
イランに入って最初の日でわかったことを書いておこう。
イラン人は親切な人が多いようだ。
また、バスなんかの切符は、極端に安い。
今日泊まる「バムイン」は、きちんとしたビジネスホテル。
これで13ドルなら、ホテルも安いみたいだ。
ホテルにはもちろんレストランも付いている。
食事も出来る。
ただ、イランへ入った最初の夜。

町のレストランで食べましょうと、僕はまた、バムの町へ歩いて出ました。
でも、歩いても歩いても、全く食事をするところが見つからない。

パキスタンにあったチャーイ屋もない。
かなり歩き回って、最終的にサンドイッチ屋を見つけた。

ハンバーガーと野菜を長いパンにはさんだもの(3千リアル)を2個と、コーラを1本(4千リアル)を食べて、合計1万リアル(120円)。
歩いていると、イラン人の子供たちが、次々に変にしつこく、「ハロー」と、声をかけてくる。

無視するのも悪いので、こちらも「ハロー」と、返事をするが、変に神経を使う。
ホテルへ戻って、とにかく寝ることにしました。

朝にパキスタンからイランへ入り、ハンガリー人の若者2人とザヘダンへタクシーをワリカンにした。
イラン人に助けられてバスターミナルへ行き、ザヘダンからバムへ来て、ちゃんとしたホテルに泊まることが出来た。

バムの町には、アルゲバム以外は何もなさそうだ。
食事もおいしくないし、もちろんビールも飲めない。
明日はとっととアルゲバムを見て、次の町へ移動することにしようかな。
それもこれも、明日起きて考えましょう。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD