町を歩くとハロー攻撃で、冷や汗びっしょり@バム/ケルマーン州/イラン

【アルゲバムの入り口で】
バムについては、世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)の第2弾「これが正しい海外個人旅行」に、軽く書いておいた。

これが正しい海外個人旅行の「旅のヒント15番バムのハロー攻撃、ギルギットのピクチャー攻撃」より
【バムのハロー攻撃】

僕はパキスタンのクエッタという町から、バスで砂漠を越えて、早朝イラン国境へ。
国境の町ザヒダーンからバスに乗り、その日の夕方にバムという町に到着。

ここはアルゲバムという死の町(昔の城塞都市が放棄されたもの)で有名だ。
「バムイン」という13ドルで冷房付きのちゃんとしたホテルに泊まる。

ホテルのレストランで食事を取るのでは面白くないと町へ歩き出す。
が、バムにはちゃんとしたレストランが存在しなかった。

やっと見つけた町角のハンバーガー屋でサンドイッチを2つ買う。
ZAMZAMコーラをガブ飲みして、お腹を満たした。

ちなみにイランではビールは飲めない。
ここはアルゲバム以外は何もないっところだ。

ただ、もう一つの名物が「バムのハロー攻撃」。
歩いていると子供たちに「ハロー!」と必ず声をかけられる。
で、いちいち「はろ〜」と返事をしていると、ものすごく疲れる。

だって、みんな必ず「ハロー!」と言うのだから。
まあ、人に声をかけられるのがうれしい人は、是非バムに行ってほしい。

ここには詳しく書いてないが、バムのハロー攻撃やギルギットのピクチャー攻撃には、かなり危険な感じがした。
つまり、声にトゲがあった。

だから、あくまでも僕の感じだが、現地の人たちはもともと、外国人旅行者にあまりいい感情を持っていないのではないかと思う。
だって、歩いていて、普通に「ハロ〜♪」と声をかけられるのならば、それはキモチイイだろう。

バムでのハローは、何か機械的だったんだ。
子供たちが僕に「ハロー」と声をかけても、その瞳は笑っていなかった。

「こんなところを外国人が歩くんじゃないよ」という警告を受けているようだった。
また「お前が何をするか、みんなで見張ってるからな」という意味にも取れた。

僕は、「ハローと返事を返さないと何をされるかわからないな…」と、恐怖を感じた。
だから、早足で歩きながら、ハローと片っ端から返事をしていたんだからね。

実際、ホテルへ戻ったら、たっぷり冷や汗をかいていたよ(涙)。
僕はバムの滞在を一泊で切り上げて、アルゲバムを見たらとっととケルマーンへのバスに乗りました。

【旅行哲学】ハローと声をかけられても、その声に敵意を感じたら、その町は脱出した方がいい。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD