バールベック(Baalbek)神殿
「パルミラホテル(Palmyra Hotel)」にチェックインして、しばらく身体を休めた。
動き出したのは、午後4時ごろ。

バールベック宮殿の入場料は1万レバノンポンド。
1ドルが1500レバノンポンドだとすると、6.7ドル。

つまり、800円くらいかな。
これは、かなり高いレベルだよね。

しかも、バールベックの中に入ると、ゴミだらけだ。
また、何か舞台の足場もある。
多分、いま世界中のどの遺跡でも観光客向けにやっている何かのショーの残りではないかな。
結局、現在は、世界中の遺跡は、金儲けのネタになってるわけだよ。
今どの遺跡へ行っても、夜中に「音と光のショー」というものをやっている。
これは、昼間の観光の入場料だけでは物足りずに、夜に遺跡を照らし出して、適当な解説をつけて、そこに観客席をつけて、観光客から金をぼったくろうとする犯罪行為だよ。
その結果、世界中の遺跡には座席や足場があって、ちっとも感動的ではない。
世界中の遺跡は、ただ観光客から金をむしりとるための装置に成り下がってしまったわけだ。
もちろん、世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は、一度もそんな、遺跡を冒涜するようなショーを見たことはありません。

で、バールベック自体は、それほど広いものではない。
広さからいうなら、「シリアのパルミラ遺跡」は、これは本当に広大だ。
また、「ヨルダンのペトラ遺跡」も、すばらしいものだ。
それに比較すると、残念ながら「レバノンのバールベック」は、これは、たいしたことがない。

というのは、まず、近くまで町が迫っていること。
遺跡が、バッカス宮殿を除いて、ほとんど荒廃していること。

わかりやすく言うと、どう考えても、この遺跡をわざわざ見るために旅をするほどのことはない。
「シリアのパルミラ遺跡」「ヨルダンのペトラ遺跡」なら、その一つを見るために、計画を立てて、お金を貯めて、見に行っても納得が出来るほどすばらしいものだ。

「レバノンのバールベック神殿」は、それを目的に、わざわざ行くようなところではない。
でも、中近東へ旅をしたならば、なにしろシリアのダマスカスから、タクシーを借り切れば日帰りできる。

そうなれば、旅行が好きならば逃すわけには行かないでしょうね(笑)。

【旅行哲学】遺跡というものは、どんなものでも一応見ておく価値はある。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD