バールベックからベイルートへ移動して、地中海を見る@コーニッシュ(Corniche)/ベイルート/レバノン

【ベイルートの海岸沿いの道(Corniche)】
1999年9月6日、バールベックのパルミラホテルで目を覚ます。
バールベックからベイルートへは、サービスタクシー(乗り合いタクシー)で移動することになる。
ただ、タクシーがどこから、いつ出発するのかは、わからない。
もちろんホテルの人に聞くのだが、はっきりしない。
まあ、バールベックからベイルートまでは、たいした距離でもないので、焦りはしないのだが。
バールベックへ来る観光客は多分、ツアーバスで来ては去っていくのだろう。
僕が見た感じでも、個人旅行者というのはほとんど見かけなかった。
午前9時半にホテルを出て、サービスタクシーが来るという場所で待っていると、タクシーが9時40分に突然出現した。
すぐに客を乗せて出発する。
途中の道端で、客を降ろし、客を拾いしながら、ベイルートへ。
レバノンは内戦が終了した時期だったと思うが、ビルのあちこちに銃弾の跡が残ってました。
どこで降りたらいいのかわからないまま、終点まで乗る。
終点が、「コーラ(COLA)」というタクシーとバススタンド。
正午をちょっと過ぎたころになったので、所要時間は2時間半程度。
バールベックからここまでの料金は、2000LL(レバノンポンド)と聞いていたが、3000ポンド請求された。
1米ドルが1500LLなので、3000ポンドとしても、2ドル(240円)で、気にするほどのことではない。
「Lonely Planet」を読むと、HAMRA通りが町の中心らしいので、ベンツタクシーで移動する。
料金は5000ポンドと、「Lonely Planet」にも書いてあったが、運転手が喜んでいたので、払いすぎたのだと思う。
僕が持っていた「Lonely Planet Middle East」に載っていた一番安い宿「Hotel Moonlight」へ行く。
一応ちゃんとしたホテルで、部屋を見せてもらって32号室に決める。

シングルルームが20米ドル。
シャワーもトイレも付いていて、クーラーもある、エレベーターもある、まともなホテルだった。

ハムラ地区のど真ん中だったしね。
ただ、最近のガイドブックを見たら載ってなかったから、あんまり熱心に探さないように。

部屋を決めて、とにかく地中海を見に、海岸へ行った。
ベイルートの海岸通をコーニッシュ(Corniche)というようだ。

ベイルートは市街戦があったりして、大変だった。
内戦になる前は、「中東のパリ」と呼ばれた、とてもファッショナブルな町だった。

僕が行った1999年は、一応争いは落ち着いていて、観光客も多いようだった。
ハムラ地区には、いろんな店があったしね。

実は僕がベイルートへ来てやったことは、ベイルートから日本への航空券を探すことだったんだけどね。
この話は、別の項目を設けて、非常に詳しく書くつもりです。

さてその、コーニッシュを歩いて、地中海を見る。
東地中海を見るのはこれが初めてではないよ。

いままでも、エジプトのアレキサンドリアで地中海を見たことがある。
また、イスラエルのテルアビブでも地中海を見た。

ただ、その時に比べて、ベイルートの海岸には大きな違いがあった。
それはだね、ベイルートの海岸はメチャ汚いってこと。

プラスチックの容器や普通のゴミなどが海岸に漂っていたよ。
日本からアジアを横断して、目的とした地中海の風景がゴミだらけだなんて…。

でもまあ、現実とはそういうものなんだよ。
ただ、僕が瀬戸内海から地中海まで旅をしたことは、確かなんだ。
この旅は、昔は「アジア超特急横断旅行(1999)」と名付けていたかな。
一時期は「アジア横断地獄旅行(1999)」と呼んでた記憶もある。

それがなんとなく気に入らないので、現在は単純に「アジア横断旅行(1999)」と呼んでいる。
そのどれにも、副題として「from the Inland Sea to the Mediterranean」と付けていた。

つまり、このアジア横断旅行には、「瀬戸内海から地中海へ」というテーマがあったわけだ。
1999年の旅の始まりは、7月16日、神戸から天津への燕京号だった。

燕京号の特徴は、瀬戸内海を昼間に通過するということ。
これで、瀬戸内海を制覇したわけね。

そして旅の最後が、ベイルートの海岸で地中海を見ること。
1999年9月6日、ベイルートの海岸で地中海を見て、この旅は完結する。
ただ、旅は日本へ戻るまで終わらないとも言える。
続けて、ベイルートから日本へ戻るまでの話を書くかもしれません。
このあと僕は、ベイルートで航空券を捜して、切符を買った。
さらに陸路でシリアへ戻り、またベイルートへ戻って、キプロスへ飛び、フランクフルト経由で、日本へ戻った。
つまり、僕はシリアへ3回入国している。
一度目はヨルダンの首都アンマンから入って、トルコのアンタクヤへ抜けた。
二度目は、トルコのアンタクヤから入って、レバノンのバールベックへ。
三度目は、レバノンのベイルートから入って、またベイルートへ抜けた。
日本人でも、シリアの陸路国境を3回も越えたなんて、普通ではない。
それが僕が「世界旅行者先生様」と呼ばれる理由かもしれないね(笑)。
【写真】ベイルートの海岸通り(コーニッシュ)
【旅行哲学】夢を追いかけて現実に裏切られても、追いかけた事実は残る。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD