『道を聞いて、夜のテヘランを歩き、親切なアゼルバイジャン人に助けられて、日本人宿「カザールシー」へ』@テヘラン/イラン
1999年8月28日午後8時過ぎ、テヘランの大きな通りでタクシーを降りた。
僕のカンでは、テヘランの中心の「エマームホメイニ広場」の近くのはずだ。

タクシーの運転手とは全く意思疎通が出来てなかったので、まず自分がどこにいるのか確認しなければならない。
エマームホメイニ広場の方角を確認して、そこへ歩いて行けばいいだけ。

僕が行くつもりの日本人宿「カザールシー」は、エマームホメイニ広場から東へ伸びる、アミーレキャビール通りにある。
ということは、とにかくエマームホメイニ広場に行きさえすれば、なんとかなる。

ちょうど通りかかった、上品そうな父娘に英語で声をかける。
父親が貫禄のある60歳代、お嬢さんは20歳後半で、2人とも身なりもよく、知的で、まず絶対にウソは言いそうにない、と判断した。

もちろんお父さんの方に話しかける。
すると、娘が英語で父親に通訳してくれて、説明してくれた。

エマームホメイニ広場までは、まだ結構ありそうだ。
でも広場の方向を教えてくれたので、深く感謝して別れる。

続いて、通りに面して開いていた商店へ入る。
そしてまた、エマームホメイニ広場の方向を聞く。

なぜ、同じ事を聞くかというと、世界旅行主義に「旅先で教えてくれた方角は信じてはいけない」という法則があるからだ。
この商店主も信頼できる雰囲気だった。

信頼できる雰囲気のイラン人2人が、同じ方向を教えてくれたので、そちらへと歩く。
また別の商店があったので、また入っていって、広場の方向を確認する。

なぜ3度もエマームホメイニ広場の方向を確認したか。
世界旅行主義に「旅先では同じ事を3度聞いて確認する」という法則があるからだ。
英語を話す教育のある娘を連れた60歳代の紳士、テヘランの大きな通りに面した商店の主2人の示す方角が一致した。
ならば、6割くらいは信用できるでしょう。

僕はズンズンズンと、通りを歩いた。
あとで考えると、この通りはおそらく、「フェルドゥスィー通り(Kh.Ferdowsi)」で、僕それを南へ歩いていたのだと思う。

そうして、エマームホメイニ広場へ出たことを、人に聞いて確かめる。
さらにアミーレキャビーレ通りを確認して、通りを東へ歩き出した。

アミーレキャビーレ通りは、思ったほど大きな通りではなく、賑やかでもない。
とにかく、ホテルカザールシーを見過ごさないように、明かりのついたところをチェックしながら歩く。

一軒、通りの北側に、非常に明るい照明の付いたホテルを見つける。
このホテルに入っていって、「カザールシーホテルはもっと先か(通り過ぎたのか)?」と英語で聞いてみる。

というのが、日本人のバックパッカーが泊まる安宿となれば、わかりにくいところにあっても不自然ではない。
また、夜はライトをつけていないことも考えられるからね。

受付の人は、英語がわからないようだったが、わざわざ英語を話す客を呼び出してくれた。
その客が通訳してくれたが、ホテルの人はカザールシーの場所を知っているようだ。

客は英語が出来るが、カザールシーの場所は知らない。
普通だったら、「あとしばらく歩け」程度で終わるものだろう。

僕も、カザールシーを通り過ぎてないことさえ確認すればいいのだ。
ところが、この客は、ホテルの人から説明を聞いて、僕をホテルまで連れて行ってくれるという。

こんな親切は、まず、世界中でも珍しいだろうね。
夜中に、わざわざ見知らぬ東洋人の道案内をしてくれるなんて。

だから僕は、「別にこのホテルに泊まってもいいんですけど」と躊躇した。
でも、僕を泊めるのを、ホテルの人は嫌がっているのが、敏感な僕には感じられた。

というのが、このホテルは豪華ホテルではなかったが、内装が真っ白で、汚れ一つなかったからだ。
かなりきっちりと経営している感じ。

汚いバックパックを背負った東洋人なんか、泊めたくないだろうと思う。
僕だって、汚れの染み付いたジーンズとTシャツの僕のような旅行者を泊めたくない。

英語をしゃべる客と、世間話をしながら、カザールシーまで歩いた。
それによると、彼は、バクーから来たアゼルバイジャン人商人だとか。

また、どうやらあのホテルは、アゼルバイジャン人専用のきっちりした宿らしい。
そういう宿は確かにあるので、泊めてくれなかったことも当然だと思う。

というのが、昔ロサンゼルスのダウンタウンにあった「ホテル加宝」も、原則的に日本人しか泊めなかったからね。
やはりそのホテルには、ホテルなりの経営方針があるわけだから(法律的には問題にしてもね)。

アゼルバイジャン人のホテルから、多分2〜3分歩いたら、目的の「カザールシー」に到着した。
連れてきてくれた人に、ありがとうを言ってわかれる。

こういう親切に出会うと、さすがイスラムはすごいと思うよ。
イスラム教はもともと商人の宗教なので、旅人に親切をするのが基本だ。

だから、僕が最初の世界一周旅行をしていた1980年代までは、イスラム教国を旅していて、あちこちで食事をご馳走になった。
また、進んで土地案内をしてもらったり、ホテルを捜してもらったりと、自然な感じで親切にしてもらったものだ。

今では、イスラム教国にも、普通の旅行者が増えて、また旅行者を狙う詐欺師ボッタクリも増えた。
いまでは、親切にされてもそれをそのまま受け入れることは出来ないだろうけどね。

と、旅行哲学をして、僕はそのころ有名だった日本人宿「カザールシー」に入っていきました。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD