京華飯店を探検し、両替の本質を論じ、庭のレストランで燕京号仲間でチンタオビールを飲んで、大いに盛り上がる

【バックパッカー宿として有名な「京華飯店」@北京/中国】
神戸から燕京号に乗り、2泊3日の船旅のあと、天津港に着いたのが午後2時。
船着場でマイクロバスに乗ったが、いろいろ手間取って、出発は午後3時半ごろ。

高速道路をとばして、約2時間で北京の国際飯店に到着。
国際飯店到着が午後5時45分。
僕は東欧白人美女に、同じ部屋に泊まらないかと、誘われた
が、日本人旅行者諸君が心配だったので、明日の夜の約束を済ませて、頼りない日本人旅行者の世話をする。

タクシーで京華飯店に到着して、チェックインを済ませ部屋に荷物を置いた。
そんなに手間取らなかったので、到着はおそらく午後7時すぎごろだったろう。

午後7時といえば、まだまだ早い時間だ。
ただ、この時間に飛び込んでも、ドミ(共同部屋)は満員で、ツィンしか空いてなかった。

僕はもともと安ければシングルに泊まるつもりだった。
京華飯店のツインが140元(2千円)だったので、これならばツィンをシングルユースにして一人で泊まればいいだけ。

ところが、一緒に来た学生さんを放って置くわけには行かない。
仕方無しに、学生さんと部屋をシェアして、一緒に泊まることにする(1人70元)。

部屋に荷物を置いて、ロビーに降りる。
同じ部屋の拉薩行造くんは、中国元が少ないので、ホテルのカウンターで両替をしなければならない。

彼がカウンターで両替しようとしたら、ちょうど「今日の両替は終わりました」と言われる。
ほらね、こういうことが起きるものなんだよ。
両替の問題では、日本人旅行者はいろいろ頭を悩ませているよね。
ただし、本質とポイントがズレている。
日本人旅行者が考えることは、「どうやったら有利に両替できるか」ってことだけなんだ。
これは旅行経験が少ない証拠なのね。
海外旅行で一番問題なのは、両替レートなんかじゃないんだよ。
海外旅行の両替の一番の問題は、「両替できずに、全く動きが取れない」ってこと。
僕はそこがよーくわかっているので、燕京号を降りる前に、日本円で一万円を両替していた。
その時は、トラベラーズチェックは両替できず、現金のみだったが660元になった。

僕は、当座(2〜3日は)不自由しないだけの金は持っている。
一緒に来た日本人旅行者諸君は、ほんの少し(今夜の宿泊代と夕食代程度)しか元を持ってない。

ホテルで両替しようと考えていたらしいが、そのホテルの両替カウンターが閉じている。
だから、中国の通貨「元」がないんだよ(涙)。

ねー、海外旅行で困るのは、こういう時なんだ。
特に中国の場合は、両替が当然できるはずのところでも、両替出来ないことがある。

2003年9月に大連へ飛んだとき、空港の銀行が閉じていて、両替が出来なかったんだから。
それでも、航空会社のカウンターで個人的に両替してくれたんだけどね。

海外個人旅行をしていると、「国境を越えたのに、現地通貨がなくて、なにもできない」というのは、よくある話なんだ。
だから、「両替は常に早めに、多めにする」こと(世界旅行主義)。

僕はホテルの中を見て回って、まず「北京バスマップ」を買った(8元)。
次に、ホテルに入っている旅行代理店へ行って、鉄道切符の値段を聞いてみた。

北京から成都までの硬臥(Hard Sleeper/2等寝台)が418元で、手数料が50元だとのこと。
1元が15円と考えると、約7千円だよ!
中国の2等寝台が7千円!
たっかいなー(涙)。

ただ、この列車は北京西駅から成都駅まで、2泊3日で走る。
ホテルに2泊すると考えれば、7千円は悪くない、とも考えられるよね。

「すぐに切符は取れるのか?」と聞くと、大丈夫だとの返事がある。
これで一安心。

ただ、成都へ直行するかどうかは、まだ決めてない。
成都へ行くのは、チベットのラサへ飛ぶためだ。

北京から成都の間には、古都西安(昔の「長安」)もあるわけだ。
西安に立ち寄って、それから成都へ移動してもいい。

それは明日でもゆっくりと考える。
これは、ホテルの旅行代理店が使えそうなので一安心した、ということね。

京華飯店は普通のホテルだが、ユースにもなっていて、ドミの部屋があるはずだ。
ドミの部屋は京華飯店の裏側にあるらしい。

表の建物を通って裏へ入ると、そこにはプールがある。
そして、夜だというのに、白人の若者が、男女入り乱れて大騒ぎをしていた。

僕は「体力のたっぷりある、元気な白人の若者」というのが苦手なんだよ(涙)。
そこで、プールをちらっと見ただけで、ドミの部屋には行きませんでした。

ホテルのロビーに戻る。
ちょっと旅慣れた感じの日本人旅行者を囲んで、話が弾んでいる。

僕も仲間に入る。
中心になっている男性は、なんとこれから北京西駅へ切符を買いに行くそうだ。

まだ午後8時ごろなので、切符が買えるのかもしれない。
彼はかなり中国に慣れているし、中国語もペラペラだ。

中国旅行者を分類すると、はっきりと2つに分けられる。
それは、「中国語を話せる人」と「中国語を話せない人」。

中国語をペラペラ話す人になると、中国人のふりをして、外国人が泊まれない安宿に泊まったりするようだ。
外国人が規制されている地域をローカルバスで旅したりね。

でも、普通のルートを普通に旅するならば、別に中国語がしゃべれる必要はないと思う。
日本人は漢字が書けるし読めるので、筆談で交渉したり、買い物したりできる。

欧米人の旅行者は大変だと思うよ。
「Lonely Planet China」を見ても、漢字は判読できないだろうしね。

中国語ペラペラの日本人男性が、北京西駅へ向かった。
残った「チームみどくつ」の3人と、ホテルの敷地内のレストランへ歩く。

燕京号で顔を見た記憶のある日本人が2人いたので、声をかける。
一緒のテーブルについて、話をする。

2人はやはり同じ燕京号で天津に着いたが、そこで僕らが見た「闇バス」に乗ったそうだ。
この闇バスの料金は50元(約750円)。

ただ、バスを満員にするまで待ち続けて、出発はかなり遅れた。
さらに、途中でバスを停めて、乗務員だけでアイスクリームを買いに行ったとか。

まあでも、燕京号で申し込んだバスが3千円なので、バックパッカーならばそっちが良かったかもしれない。
京華飯店のレストランというか、敷地内に店を出している中華料理店は、とてもおいしかった。

料理の一皿が、量が多くないのもいい。
中国で料理を頼むと、とにかく量が多くて、ひとりで食べきれないからね。

ここは、一皿がどれも10元(150円)程度。
チンタオ(青海)ビールの大瓶が1本5元(70円)だ。

中国のビールはアルコール度数が3パーセント程度なので、いくらでも飲める。
ワイワイ話をしながら、喉を湿らせるにはちょうどいい感じだね。
僕は基本的に、ある集まりがあったら、そこでみんなに話を割り振ることは上手なんだ。
それは、人間というものに、基本的にはすごく興味を持っているからなんだけどね。
人数も女性2人で、男性4人。
これは、合コンをやるにしても、ちょうど盛り上がる組み合わせだ。
合コンでは、女性がどれだけ気持ちよくなれるかが大事(世界旅行主義)。
僕は別に、女の子を酔わせてエッチしようなどとは考えないからね。
合コン全体がキモチよく盛り上がるためには、女の子が気持ちよくなるのが大事。
それには、1人の女性に2人の男性が付くのが、理想的だ。
もちろん、話の下手な女性がいれば盛り下がる。
が、亜細亜好代さんは、アジア旅行経験も豊富だし、これから中央アジアへと旅立つ計画。
また、一流私大の学生の外見純子さんは、かなりの美人で、もちろん頭もいい上に、純情だ。
僕はぴったりとマークして、一緒にチベットへ行くことにしている。
旅先ではどんなに話が面白くない人間にも、「旅行」という共通の話題がある。
また、旅の情報は貴重なものなので、互いに話を聞こうとする意識がある。
話の中心になっている僕は、すでに世界一周を2回やって、いろんな人に会ってきている。
だから、相手に合いそうな話を振るのがチョー得意だ。
世界旅行者は、知的な話からシモネタまで、自由自在に話すことが出来る。
しかも、相手の雰囲気に合わせられる。
はっきり書いておきます。
ドッカンドッカン、盛り上がりました(笑)。
結局、みんなでビールを12本飲んだ。
もちろんワリカンだが、僕はビールをかなり飲んだので(多分6本は僕が飲んだはず…)、気をつかって50元(750円)払う。

北京の最初の夜はいいねー♪
調子いいじゃないか。
おいしい中華料理を、死ぬほど食べて飲んで、それで多目に払って50元だよ♪
ホテルの部屋も値段の割りにいいし。
明日、拉薩行造君を部屋から追い出したら、1人部屋での気楽な生活が待っている。
寝るところがあって、おいしい食事と安いビールがある。
これならば、もう、アジア横断旅行は止めて、ずーっと京華飯店に居続けようかなーっと♪
イヤこれは冗談じゃなくて、本当にそう思ったんだよ(笑)。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア

INDEX LIST WORLD

xxx