アンタクヤからアレッポへの国境越え(2)/次々とバスを乗り換えさせられて、怪しいバスで国境越え@トルコ

【HATAY(ANTAKYA)からHALAB(ALEPPO)へバス会社のオフィス】
アンタクヤ(トルコ)のバスターミナルで、午後1時半出発のアレッポ(シリア)行きのバス切符を購入した。
次にすることは、シリアポンドへの両替だ。

だって、もうトルコリラを使う可能性はない(はずだ)からね。
国境を越えればそこはシリア、シリアの通貨シリアポンドを入手しておいた方がいい。

だいたい1泊分の両替が出来れば十分。
翌日また現地で両替をすればいい。

バスターミナル横の通りに貴金属商が店を並べていて、そこで両替が出来る。
僕は残っていたトルコリラを全部シリアポンドへ替えた。

4百5十万トルコリラが、510シリアポンドに替わる。
これは、千円程度だ。

千円では何も出来ないので、さらに20米ドル札一枚を両替する。
これが千シリアポンドになる。

この時期(1999年秋)、1シリアポンドは2円と考えられるだろう。
3千円程度のシリアポンドを入手した。
3千円あれば、安宿に泊まって、夕食くらいは食べられるはずだ。
それではなぜ、一気に5千円くらい両替しないか。
過去の記憶がシリア国外での両替を邪魔している。
僕が前回シリアへ来たのが、1988年。
この時期は、シリアの中では公定レートと実勢レートが大きく違っていた。
シリアのレストランや店では、公定レートよりもずっといいレートで両替が可能だったんだ。
何しろその時期は、入国するのに公定レートでの強制両替があったくらいだからね。
今は強制両替はなくなったようだが、まだシリア国内の両替の状況がわからない。
だから、アンタクヤであまり大きな金を両替するのは避けて、様子を見たわけだ。
こういうとき、逆方向から来た旅行者がいれば、シリア国内の両替レートを知るには一番いいんだけどね。

バスターミナルに戻っていろいろと調べてみる。
客引きのおじさんと話をすると、「午後1時、1時半、2時、3時にアレッポ行きがある」とのこと。

これが本当かどうかわからないが、切符を買う前に、もう少しあちこち聞きまわった方が良かったかもしれない。
バスターミナルに着いたときは、「すぐに国境を越えなければ」と慌ててしまったんだよ。

見て回ると、バスターミナルには、サウジアラビアのリャド(RIYADH)へのバスもある。
トルコ国内や中近東各地へのバスもあれこれある看板が出ている。

切符を買った「GUNSA」のオフィスで、座ってバスを待っている。
と、別の旅行会社へ連れて行かれた。
これが「NUR」というバス会社だ。
なかなかきれいな大型2階建てバスにバックパックを放り込んで、出発を待つ。
これならば、すんなりと国境を越えられそうな感じだよ。
すると、「バスチェンジ!」と声をかけられる。
また別の「CAN」というオフィスへ行くことになった。
このオフィスでパスポートを取り上げられる。
連れて行かれたのが、ぼろぼろの大型バスだ。
運転手と30過ぎのブルガリア人女性と、僕の3人だけ。
このブルガリア人女性はひっきりなしにタバコを吸っている。
どうやら運転手とブルガリア女性は友達のような感じだ。
僕はとにかく、僕のパスポートを運転手が預っていることを確認する。
結局、午後2時15分にバスは動き出した。
大型バスに乗っているのは、運転手と僕とブルガリア女性だけなんだ。
途中で道端の店に寄って、バスの中の冷蔵庫に氷を入れる。
僕は喉が渇いているが、焦りすぎていた。
持ち金を全部シリアポンドに両替しているので、飲み物も買えない(涙)。

バスはさらに走って、今度はタイヤに空気を入れるために停車した。
そのあとちょっと走って、国境へ到着。

僕はここで降りて、まずトルコの出国審査を受ける。
と思ったら、僕が乗ってきたバスは、僕にパスポートを手渡したあと、バックパックも降ろす。

そのまま引き返していく。
運転手は僕に「あとはタクシーで行け!」と声をかけただけ。

ブルガリア女性も運転手と帰ってしまった。
わけがわからないが、とにかく国境へは到着した。

僕はトルコの出国審査を受ける。
これは簡単。

しかし、バスがないのではどうしたらいいのかわからない。
歩いて、シリア側へ行ってみたが、タクシーは見つからなかった。

またトルコ側へ戻ると、駐車場に別の大型バスを発見。
声をかけて「僕を乗せてきたバスが帰った。どうしたらいいか?」と相談する。

このバスには男性が6人程度乗っていたが、運転手を含めて、すべて仲間のようだ。
「CANが帰ったって(笑)。CANのバスはエアコンがないボロバスだ!」と、大笑いしている。

そして僕をすんなりと乗せてくれた。
しかも、料金は取らない。

ただ、このバスには乗客というのは僕1人しかいないんだよ。
どういうバスなんだろうと思うが、ちょっと僕は危険な感じがした。

だいたいどの国でも、国境といえば、怪しい人間が集まるものだ。
国境で乗り込んだ僕以外客のいない大型バスが、なぜ国境を越えてシリアへ行くのだろう?

僕が乗り込んでも、料金は取らない。
それはアンタクヤのバス会社はみんな仲間だから気にしない、とも考えられるけどね。

バスはトルコを出て、シリアの国境へ進む。
僕は急いで降りて、シリアの入国スタンプをもらう。

シリアのビザを東京で取っていたので、シリア入国に全く問題はない。
パスポートとは別に、黄色い入国カードにスタンプを押してくれる。

そして、「この紙をなくさないように」と注意された。
シリア入国の手続きは、これで終了。

再度バスに乗り込むと、次は税関のチェックがあった。
僕はすんなりと税関を通過する。

ただ、バスのチェックが結構厳しい。
それを僕もバスの外に立って見学する。

見ると、この大型2階建てバスの荷物室には、食器類が入っているだけだ。
その食器も、いかにもとってつけた感じで、わざわざこのバスで運ぶほどの量もない。

僕は、「これはなにかのタテマエだけの荷物だな…」と考える。
バスは、一度税関を抜けたが、ぐるっと回った。

そして、また税関へ戻った。
またバスのチェックがある。

二度目のときは、僕はバスの中にいたので、何をチェックしたかわからなかった。
僕の気持ちとしては、ただ「変なものが見つかって、バスが動かないってことになったら困るなー」というだけだ。

正直このとき僕は、「やはり朝のバスに乗って、他の乗客と一緒に動けばよかった」と後悔していた。
バスが二度目の税関検査を終えて動き出した。

と思ったら、また税関へ戻った。
さらにチェックをしている雰囲気がする。

僕はこのとき、何か起きるのではないかと、身体が硬直していたよ(涙)。
しかし、3度のチェックでもなにもなく、バスは動き出した。

すると、バスの中の雰囲気が急に明るくなって、運転手が唄を歌いだした。
仲間同士の会話が弾んでいる。

僕は、「このバスは絶対に普通のバスじゃない」と思う。
「僕をアレッポまで運んでいかないんじゃないかな」と考える。

おそらく何か危ないものを運んでいて、それを見つからずに国境越えをしたのだろう。
だとすると、乗客の僕は余分だ。

殺されるとまでは考えなかったが、僕が不要な人間ならば、道端で置き去りにされるかもしれない。
これが僕が一番恐れていたことだ。

バスはシリアへ入って、舗装された一本道をゆっくりと走り、ガソリンスタンドで停車。
そして、「ここまでだ。ここで降りろ」と言われる。

おいおい、やはり、僕をアレッポまで連れて行く気はないようだ。
道端じゃないのはまだましだが、ガソリンスタンドに置き去りにされるの困る。

はてさて、世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)の運命はいかに!

【旅行哲学】国境越えはいろんなことが起きるね。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD