アンタクヤからアレッポへの国境越え(1)/CNNを見て、日本のメディアを論ずる@アンタクヤ/トルコ

【HATAY(ANTAKYA)からHALAB(ALEPPO)へバス会社のオフィス】
注:これは1999年の話で、しかもちょっと変わってます。ですから一般の参考にはなりません。

朝5時前に起きて、ホテルカタン501号室で、ぼんやりCNNを見ていた。
やっているのは、東チモール、パレスチナ問題、コソボと変わりばえしない。

でも、朝からCNNの英語放送を直接見られるという意味がある。
それは、世界とダイレクトにつながっているってことだよね。

東トルコの地方都市の1泊八百万リラ(2千円)のホテルでも、普通にCNNの国際英語ニュースが見れる。
しかし、東京では普通にCNNは見られない。

これが、日本の国際化が遅れている基本的な問題だ。
だいたい、英語テレビ放送、英語ラジオニュース局が普通に存在しない先進国なんて、日本だけだよ。

これは、日本のメディアが国際化を拒否しているのが理由だ。
その根底には、日本のメディアは国際競争力がないという劣等感があるから。

日本のテレビや日本の新聞で、いくら国際問題を論じても、世界の誰も読みはしない。
だからこそ、どんな時代遅れの馬鹿なことを書いても、批判されない。

批判されるくらいならば、無視されていたほうがキモチいいからね。
日本という国は、メディア自体から、芸能も文化も、全部世界という大舞台から逃げて、引きこもっている国なんだよ。

実は、日本の経済も政治も全部引きこもっているんだ。
自分の子供が自分の部屋に引きこもっていても、それは親を見習っているだけなんだよ(笑)。

だから心配はない。
子供は親のやってること、日本社会そのものを、まねしているだけなんだから。

と、今朝も、世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)らしい、深遠な旅行哲学をする。
旅行哲学をしながら、トイレに何度も通う。
今日は短いながらもバスに乗るからね。

バタバタ用意をして、バックパックをまとめる。
なぜか右足の親指が膨れている。

よく洗って、薬をつけ、抗生物質を飲んだ。
昨夜、お湯を精一杯熱くして洗ったジーンズはすでに乾いている。

今日のガジアンテプは、きれいにスカッと晴れ渡っている。
ホテルを出て、歩いていたらちょっと道に迷った。

出会った人に道を聞いて、バスターミナルへ到着。
昨日アンタクヤへのバスのことを聞いた旅行会社に行く。

すると昨日の話と違って、大型バスではなくて、マイクロバスに無理矢理詰め込まれた(涙)。
そのバスはローカルバスらしく、あちこちで細かく停まって乗客を乗せたり降ろしたりする。

出発が午前8時半で、だらだらと走って、到着はちょうど正午になった。
つまり、ガジアンテプからアンタクヤまで3時間半だ。

直行バスならば、おそらく3時間弱で到着するだろう。
アンタクヤのバスターミナル近くの道端で降ろされる。

昔も一度きたことがあるアンタクヤは、雑然とした魅力のない町だ。
一応バスターミナルで、旅行会社に飛び込んで、アレッポ行きのバスを聞いてみる。

僕が飛び込んだのが「HATAY GUNSAS」というバス会社。
午後からアレッポ行きのバスを出すという。

料金は3百万リラ、このときのレートで約750円。
出発は午後1時半。

しかし、このバスが大変な状況に僕を追い込むことになった。
だから、書くのが難しいんだよね。

お楽しみにね♪

【旅行哲学】バスの切符を買う前に、いろいろ調べた方がいい。調べないであわてて買うと…(涙)。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD