『亜細亜好代嬢の旅を分析し、アドバイスをしたら嫌われる』


【燕京号から見た神戸の町】

北京の宿も決まったので、やっと僕は、落ち着いて、Lonely Planetの「China」を読み始めた。
英語のガイドブックなどというものは、日本にいては、いくら読もうとしても読めず、またたとえ読んでも、頭に入らない。

旅に出て、「イヤでも読まないと大変なことになる」という状況に自分を追い詰める。
そこではじめて、やっと英語は読めるものなんだね(つまり、僕の英語はたいしたことないってことか…)。

念の為にLonely Planetで京華飯店をチェックしてみたら、ホテルリストの最初に、Jinghua Hotelという名前で紹介してあり、「バックパッカーに大人気」とある。
Lonely Planetに書いてあるなら、このホテルは大丈夫だ。

白人旅行者がうじゃうじゃいることが予想されるが(僕の思った通り、このホテルで目立つのは白人だけだった。そしてこれが、京華飯店で伝説となる大事件を僕が引き起こす遠因となるのだ。それは何かって?まあ毎日このHPをチェックしていると、いずれ読めると思うので、お楽しみにね!)。

もちろん、ガイドブックを読むよりは、旅行経験のある人に話を聞くほうがいい。
ガイドブックは自分の好きなときに読めるが、人との出会いは、その場限りなのだから。 

あたりをぐるーんと見まわすと、一緒に京華飯店へ行くことにした、例の、乗船前に一緒に写真を取った女性を見つけた。
僕の後ろのテーブルに座って、ノートに何か書いている。

他のテーブルには、ぱらぱらと、男性旅行者もいる。
僕はなぜか、男性に声をかけて話そうという気持ちが、まったく起きないんだよね。

僕は今度は、きちんと自己紹介をした。
「僕は西本といいますが、あなたのお名前は…」と聞くと、彼女の名前は、「亜細亜好代(あじあすきよ)」だとか。

ここで、そんな名前の女がいるわけはないよーと考えた人、きっと沢山いると思う。
が、人生では何が起きるかわからないので、そんなに簡単に決め付けないでほしい。

君はまだまだ人生経験が乏しい。

僕のホントの体験だが、ほんの30年ちょっと前、六本木の居酒屋で、隣に座った日本人女性二人と話をしたら、一人が徳川家康、もう一人が石川五右衛門という名前だったこともある。
女の子なのに、こんな名前の人も実際にいたんだね。

また、彼女たちが教えてくれた電話番号は、123の4567だった(このころは東京の電話番号は7桁だった)。
こういう珍しい電話番号も本当にあったんだよ。

こういう風に、世の中には、思いもかけないことが沢山ある。
だから、アジアに旅に出て、亜細亜好代というベタな名前の女性に、いきなり会うことが絶対にないとは、誰も言えない。

まず、ほとんどないと思うけどね。

僕は誰にでも理解できるような文章を書きたい。
だから、登場人物の旅先がすぐわかるような名前をつけている。

亜細亜さんは、なんと、「アジアを連続1年半旅行したばかり」そうだ。
「帰国して、1か月日本にいただけで、また今度の旅行に出た」と話してくれた。

僕は「それは、それは、すっごいですねー!」と、声を上げる。
彼女は、僕の驚いた顔を見て、満足そうな表情を浮かべた。

しかし、僕が本当に思っていたのは、なぜ日本の若い女性が、わざわざアジアなんかに、一年半もいたのだろうということだ。
彼女は、沖縄、台湾を経由して香港にわたり、中国南部からインドシナへ進み、インドからネパール、チベットへも旅したという。

日本人旅行者の間では、いわゆる本格的な冒険旅行の範疇に入るだろう。
しかし、彼女の旅行ルート自体は旅行者の間ではよく知られたもので、特に驚くほどのことはない。

このタイプの旅行をしている日本人は、掃いて捨てるほどいるのが現実だ。
彼女も、ありふれた、「旅行大好きな旅行通」のタイプだ。

年齢25、6、7、8、9、30、31、32歳程度の女性が、アジアをこんな長期に旅行して、何になるのだろう???
もちろん、なんの役にも立たない。  

アジアでは、もともと日本人であるというだけで、ある程度評価してくれる。
日本人旅行者は金を落としてくれるので、みんな親切だ。

女性の旅行者ならば、旅をしているだけで、誰もみんな、普通以上にやさしくしてくれる。
また、日本人旅行者がたくさんいるので、不安もない。

気が向けば、現地の人や日本人旅行者と、簡単に後腐れなく付き合える。
残念なのは、それが、なんにも役に立たないってことなんだ。

残るのは、「私は海外ではモテモテなのよ」「私は普通の日本人と違って、個性的なの」という勘違いだけだ。
このタイプの日本人女性というのは沢山いて、僕は飽き飽きするほど出会っている。

アジアを貧乏旅行するくらいなら、ちゃんと仕事をしながら、ヨーロッパの芸術文化を鑑賞する短い旅行を繰り返した方がいい。
欧米に語学留学をしたほうが、まだずっと意味がある。

より高いものに、あこがれたり、それを求めようとしたりするのがいい。
たとえそれが、直接的には実を結ばなくても、ちゃんと残るものがあるのだから…。 

ただ、日本女性が海外旅行大好き、になってしまったのは、日本女性の責任ではない。
日本人男性が、全く駄目だからなんだね。

その日本人男性によって作られた、日本社会が、絶望的に間違った方向に、奇形に進化を遂げてしまった。
それは、もう、取り返せなくて、日本社会は、崩壊の途中だ。

日本民族は、消滅しかけている。
そこで、日本民族の遺伝子は、女性を海外に送り出し、海外の男性との間で子孫を作り、そこで生き延びようと画策しているのだ。

亜細亜好代さんは、どうも、本当に旅行が好きらしい。

それでは、本当に、意味がない。
若さと、お金の浪費だ。

さらに話を続けると、亜細亜さんの今回の旅行計画は、なんと、シルクロードを伝って、中国奥地から、中央アジア方面をうろうろするのだとか。
むーん、ここも、最近、日本人旅行者の間で、ブームになっているところだよ。 

日本人旅行者というのは独創性が全くないので、ガイドブックや旅行雑誌などがちょっと紹介した地域に、どどっと殺到することになっている。
みなさん、情報元は一緒で、同じガイドブックを抱きしめて、書いてあるその通りに旅行するのだ。

もともと中央アジア諸国というのは、ビザの取得が面倒で、その割に見るものがないところだ。
僕は自分でいろいろ調べたが、わざわざ個人旅行しても意味がないと判断し、ツアーに参加してサマルカンドへ行ったことがある。

サマルカンドも、ブハラもヒワも、無理して冒険旅行を気取って行くようなところではないのを、僕は知っている。
もともと冒険旅行とは、ツアーがないような場所に行くものなので、安価で便利なツアーがたくさんある場所に行っても、意味がない。

つい本気を出して、「中央アジアなんか、ビザが面倒なだけで、特に見るものはないし、旅行はしにくいし、ただ旅行自慢のネタにしかならないところですよ。無理して行っても、仕方ない。お金があるなら、ヨーロッパを鉄道でまわったほうがいいです」と、言ってしまった。

すると、当然のことだが、亜細亜嬢はムッとして、それから僕に冷たくなり、出会っても、僕を避けるようになった。
それはそれでいいさ。

たとえ自分とは違った考えの人だとしても、別にそれはそれでいい。 
旅人は、すべてのものを、すべての人を、ただ、目の前を通り過ぎる風景として、観察しているだけなのだからね。 

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア

INDEX LIST WORLD

xxx