『世界旅行者は、1988年にアレッポの石鹸を発見していた』@アレッポ/シリア

【新宿地下街で見たアレッポの石鹸(2009/08/25)】
2009年8月25日、久しぶりに新宿へ出た。
僕が新宿へ出ると、やることは決まっている。

まず、エッチビデオ屋の「ラムタラ」へ行って、エッチビデオの潮流を見る。
僕が観察したのは、エッチDVDの値段が下がってきているなーということ。

お店でのDVD販売が減少し、インターネットの通販に変わってきている。
これから、あっという間(おそらくは2009年中)に、インターネットでのダウンロードが主流になるだろう。

ビデオレンタル屋などは、ほとんど生き残れなくなる。
店を持って、バイトを雇うだけの利益は得られなくなるね。

という感想を持って、本当に久しぶりに、熊本ラーメン「桂花」へ行った。
「ターロー麺」が950円になると、がんばっても1年に一度しか食べられないからね。

新しいこととしたら、桂花ラーメン(700円)が、水曜日は5百円と下がること。
ここも、客が少ないんだなーと感じたよ。

次に僕が行くのは、高島屋タイムズスクエアにある、東急ハンズ。
ただ、大江戸線で新宿西口から新宿へ行くと、都庁前で乗り換えなければならない。

それが面倒なので、春日、蔵前、月島の方へ時計回りに回って、新宿へ出た。
というのが、ちょうど読みかけの文庫本があったからね。

大江戸線新宿西口駅へ歩く地下道で、「アレッポの石鹸」を売っているのを見つける。
実はアレッポの石鹸については、記憶があるので、以前からずーっと気になっていた。

それで、アレッポの石鹸の写真を撮った。
一回りして、新宿駅に出て、東急ハンズへ。

見ると、人出が多くて、何か変なセールみたいなものをやってる。
店員さんに聞くと、僕が買いたいものはセールのジャマで(涙)、倉庫に入っていた。

女の人が集まっているところを見ると、なんとそこで「アレッポの石鹸」を売ってたよ。
ひょっとしたら、アレッポの石鹸が大人気なのか?

それとも逆に、アレッポの石鹸を輸入しすぎて、放出しているのか(笑)?
そんなことはどうでもいいです。

ただ僕は、「アレッポの石鹸」についても、語ることが出来る。
それは、僕がアフリカからヨーロッパへと、中東を北上していた1988年。

シリアのアレッポから、トルコのアンタクヤへのバスに乗る前日。
余っていたシリアポンドを全部使い果たそうと、町を歩いていた。

だいたい、石鹸やお菓子程度を買えば、残ったお金を使い果たせるもの。
それで、石鹸を見つけたら、茶色で大きな四角形をしていたのね。

まあそれが「アレッポの石鹸」なんだけどね。
でも、初めて見たので、「まともな石鹸も輸入できない貧しい国なのか」と思った。

結局買わなかったんだよね。
でも、アレッポの石鹸は、オリーブオイルで作ったらしい。

僕が世界一周旅行から帰って、10年位して、日本女性の間で人気になったんじゃないかな。
というわけで、なにが言いたいのかというとだね。

世界旅行者は、日本でアレッポの石鹸が人気になる10年も前に、アレッポの石鹸を知ってました。
ね、えらいでしょ(笑)。

シリアへは、1999年のアジア横断旅行でも行った。
ただその時はすでに、日本でアレッポの石鹸は売られていた。

だから、わざわざ買って、持って帰る意味もなかったんだよね。
kenya egypt jordan israel syria turkey asia africa world index
エジプト〜ヨルダン〜イスラエル〜ヨルダン〜シリア〜トルコ(1988/08/05-1988/09/03)
xxx