アンタクヤからアレッポへの国境越え(3/3) / 新しい国でのホテルの捜し方のポイント@シリア

【HATAY(ANTAKYA)からHALAB(ALEPPO)へバス会社のオフィス】
僕がトルコ〜シリア国境で乗り換えたバスは、とてもとても怪しかった。
そのバスが無事にシリアへ入り、ガソリンスタンドに寄ると、僕を降ろした。

「ここまでだ」と言う。
さすがの世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)も、半ば予想していたとはいえ、これにはがっくり来た。

こんな道端の、他に何にもないガソリンスタンドで降ろされてもどうしたらいいかわからない。
でも、この道路はトルコ国境からアレッポへ通じる道であることは間違いない。

とすれば、ヒッチハイクでもすれば、なんとかアレッポへいけるだろう。
という風に、覚悟を決める。

覚悟を決めたが、僕の目には涙が浮かんでいた。
それを見たのか、バスの運転手が、「アレに乗れ!」とアドバイスする。

指の指し示す方向には、また別の二階建ての大型バスが停車していた。
バスへ行って「このバスに乗るように言われた」と、乗車券をひらひらさせながら言う。

もちろん、僕はアンタクヤのバスターミナルで最初に買った切符は持ってるんだ。
特に何も言われることもなく、バスに乗せてくれた。

このバスで安心したのは、他にも10人くらいの乗客がいたこと。
しかも彼らは普通の(怪しくない)客だ。

ここに来て僕は、やっと、初めて、他の乗客のいるバスに乗ったことになるよ。
いままでは、僕1人が客で、あとはなにかわけありの人間ばかりだったからなー。

最後のバスは、普通の乗客を乗せて、普通に走って、アレッポ町の中へ。
アレッポのバスターミナル到着は午後7時。

出発したのが午後2時過ぎだったから、約5時間かかって、国境越えをしたわけだ。
でも、実際にバスに乗って移動していた時間は、ごくわずかだと思うが。

今日一日を思い返してみる。

まず僕は、アレッポのバスターミナルで最初に乗ったバスから降ろされた。
次に、乗り換えたバスでトルコ国境で落とされる。

さらにバスを乗り換えて、シリアへ入国した。
おまけに、シリアのガソリンスタンドでまた別のバスに乗り換えさせられた。

合計すると、4台のバスを乗り継いだわけだ。
まあ、こんな経験は、金を出してもなかなか出来ないだろう。

というか、金をもらってもこんな経験は二度とごめんだ(涙)。
どちらへ進んだらホテル外に行くのか迷って、アレッポのバスターミナルをうろうろする。

すると、旅行代理店に誘い込まれた。
「ホテルを紹介してやるからちょっと待て」と言われる。

あんまり信用できそうになかったので、自分で歩いてホテルを捜した。
何しろ僕は1988年には逆方向、つまりダマスカス方面から、アレッポへやってきたことがある。

昔の記憶ではアレッポは結構小さい町だったと思う。
が、夜に地図もなくバックパックを背負って歩いていると、全く別の巨大な都会のような気がする。

ここで、特別レッスン。
初めての国でのホテルの見つけ方を教えておきます。

まず、結構いい目立つホテルへ飛び込んでみて、料金を確かめてみる。
国によって、全く物価が違っているものだからね。

案外と安い値段でちゃんとしたホテルに泊まれたりするものなんだ。
例えば、僕は1988年にカイロへ行った時、タハリール広場に面した四つ星の「クレオパトラホテル」へ飛び込んだ。
すると、カイロのど真ん中のシティホテルのツインの部屋が朝食つきで、たった20ドルだったよ♪
バックパッカーはバックパッカーが集まっている宿に泊まるもの。
しかし、バックパッカー宿が高くて、ちゃんとしたホテルが思いがけなく安いってことはあるんだ。
だから、僕はまず、歩いていて見つけた、かなり高級そうな「TOURISM HOTEL」へ行ってみた。
シングルで40ドル。
日本ならばもちろん納得の金額だが、シリアでは払いたくないね。

アラビアのロレンスも宿泊したという、ちょっと古いが格式のある「BARON HOTEL」へ行くと、これが30ドル。
物価(ホテル料金)はそんなに安くないと確認できた。

目に付いた安宿を、次々に当たっていく。
いくつか見て、「HOTEL AL-RAOUDAH」のダブルルーム、シャワートイレ付きに決めた。

これが、375シリアポンド。
1シリアポンドが2円と考えていたので、750円。

宿を決めて外に出て、ハーフチキン(100シリアポンド以下)を買う。
通りで売っていた「HOLSTEN BEER(500ml)」が、1本85ポンド(170円)だった。

これがぼったくられているかどうか、わからない。
1988年は、ビールは闇で売ってたけれど、いまがどうなのか知識がないし。

とにかく初めての町では、物価がどうなっているのか、手探り状態だ。
部屋で、チキンをつまみにビールを飲んで、ホッとする。

今朝は、まだガジアンテプだった。
昼には、トルコのアンタクヤにいた。

そして、トルコからシリアの国境越えで、興味深い(二度としたくない)体験をした。
ドキドキすることもあったが、夜はアレッポの安宿でビールを飲んでいる。

出来事は、次々に想い出になっていく。
想い出を反芻しながら、ビールを飲む。

旅では、すべては過ぎ去っていく。
そして、旅人が持つのは現在だけだ。
人が現在だけに生きられるとしたら、これ以上の喜びがあるだろうか。

【旅行哲学】旅人は、ただ現在だけに生きる。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD