アレッポからダマスカスへバス移動して、バスターミナルからタクシーに乗り、スルタンホテルに行く。@ダマスカス/シリア

【バス移動中のミールストップ】
1999年9月4日。
午前6時過ぎに目を覚まして、荷物をまとめ、トイレに行き、移動の準備をする。
昨日は、ガジアンテップを出て、アンタクヤ経由で、アレッポへ到着した。
この国境越えが奇妙な体験で、わけがわからなかった。
ただ、旅行者の考えとしては、途中でどんなトラブルがあったとしても、目的地に五体無事に到着すればそれでいい。
今日は、シリアの首都ダマスカスへ行きさえすればいい。
アレッポからダマスカスへ行く途中の町ホムスから東へ向かえば、有名な「パルミラ」の遺跡がある。
ただ、遺跡というものは、一度見れば、十分。
僕は1988年に、カイロ(エジプト)から北上してイスタンブール(トルコ)へと移動した。
その時に、中東の有名な観光名所は、見ている。
例えば、ヨルダンではペトラ遺跡、イスラエルではエルサレム旧市街に泊まって歩き回り、死海で泳いだ。
そして、シリアではダマスカスのウマイヤドモスクを見て、パルミラ遺跡を見た。
またもちろん、アレッポの市街を歩いて、アレッポ城や考古学博物館も見たし、スークも歩いた。
だから、シリアはとっとと通過して、レバノンへ行くつもり。
1988年に旅をしたとき、レバノンだけ旅し残しているからね。
とにかく今日は、ダマスカスまで移動してしまえばそれでいい。
ダマスカスまで6時間程度で移動できる。
ダマスカスには、土地勘があるので、何の問題もない。
泊まっていた「HOTEL AL ROUDAH」のホテル代は、後払いだ。
1泊375シリアポンドなので、500ポンド札を出すと、お釣りがないとのこと。
こういうときには、ドル札が使える。
レートは1ドルが50シリアポンドなので、75シリアポンドを、1ドル札(50ポンド)と25ポンドコインで支払う。
豪華バスのターミナルをホテルスタッフに確認して、歩いていく。
午前8時発、ダマスカス行きのバス切符を買う。
指定席で、席番号は32番。
料金は250シリアポンド(5ドル)。
バスに乗って出発を待っていたら、車掌が僕の切符をチェックして、警察のスタンプをもらうように言う。
バスターミナルにある、警官の詰所みたいなところへ急ぐ。
出発間際だったので、かなり慌てた。
これが国境近くのアレッポから首都のダマスカスへ向かうバスだったから警察のチェックが入ったのかどうか、わからない。
1988年にシリアを旅したときと、かなり変化しているね。
まず、ホテル代の支払いがドル払いではなくて、シリアポンド払いだ。
またもちろん、1988にあった強制両替もない。
だから、1988年の僕の体験は1999年の旅には役に立たなかった。
ただ、2度目の旅で、土地勘はあるので、それはいいところかな。
アレッポを出発したバスは、途中一度ミールストップがあって、午後1時にダマスカス郊外のバスターミナルへ到着(5時間)。
見覚えのない場所で、歩いて移動は出来ない雰囲気。
だって、地図にもない場所で、自分がどこに着いたのか、わからないからね。
だいたい世界中どこでも、交通量が増えるに連れて、バスターミナルは都市の郊外へ移動するものだ。
すると、バスターミナルから町の中心へ、小型バスに乗り換えたり、タクシー移動をすることになる。
バスターミナルに立ってると、タクシーから次々と声がかかる。
200ポンド、100ポンド、50ポンドと下がっていく。
僕は信頼できそうな顔をした、英語が少し話せるタクシードライバーにした。
100ポンド(2ドル)でダマスカスの中心街へ行く約束。
僕は、この時期日本人がよく泊まるといわれていた「スルタンホテル(SULTAN HOTEL)」へ行くつもり。
タクシーは、見覚えのあるダマスカスの中心街へ来た。
僕はそこから「スルタンホテル」を捜して、タクシーをゆっくりと走らせた。
スルタンホテルの看板を確認して、タクシーを降りる。
すると運転手は、200ポンドだという。
僕は、100ポンドの約束だから、100ポンドを出す。
運転手は「町まで100ポンド、スルタンホテルへ100ポンド」と言う。
いま考えると、僕は運転手と仲良く話をしながらやってきたので、チップを入れて、200ポンド払ってもよかったんだけどね。
なにか、変に意固地になっていた。
タクシードライバーは悲しそうに、「怒ってるのか?」と聞いてきたよ。
僕としては、50ポンドのタクシーもあったのに、わざわざ100ポンドのタクシーに乗ったわけだから、それで十分という気持ち。
運転手も一応言うだけは言って置こうというつもりだったのだろう、僕が100ポンド紙幣を渡したら、あっさり引き下がった。
僕はスルタンホテルに入り、受付で話をする。
確かに日本人客が多いようで、フロントには、日本語の本がどっさり置いてあった。
部屋は、フロント横の103号室。
バストイレつきで、料金は24ドル(バストイレ無しだと20ドル)。
受付の男と僕は、一瞬で、互いに気が合わないと悟った。
僕を泊めたくないようで、一泊で追い出すつもりだ。
ただ、僕も、シリアに長居するつもりはない。
とっととレバノンへ入国するつもりなんだ。
明日は、レバノンへ移動する。
その前に、久しぶりに、ウマイヤドモスクへでも行きましょうかね。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD