『シーラーズからエスファハンへの航空券がたった千円って、こりゃ飛行機使わない方がおかしいよ(笑)♪』@シーラーズ/イラン
1999年8月26日。
昨日夕方、ケルマーンからバスでシーラーズに到着し、サーサーンホテル225号室に宿を取った(7万2千リアル/860円)。

さて、シーラーズに到着した翌日、まずやることはなんだろう?
「シーラーズにはペルセポリス遺跡があるから、まず遺跡へ行くでしょう(笑)♪」などと答えるようでは、旅行についてはまだまだ素人だ。

旅行法則には、「新しい町へ着いて、町の様子がわかったら、何日滞在するか考えて、すぐに脱出方法を決める」というものがある。
この「町の様子がわかったら」というのが大事ね。

町が居心地のいいところか、そこでどのくらい時間を使えるか、を判断するわけだ。
僕がアルゲバムの町バムに到着した時、すぐにバスの切符を買わなかったのは、それが理由だった。

つまり、バムが居心地のいいところかどうか、判断ができなかった。
一日過ごして、バムは長居するところではないとわかった。

すぐにケルマーンへのバスの切符を買って、そのあとアルゲバムを見に行った。
バムにはアルゲバムしか見るものはないが、だからといって、アルゲバムを急いで見てしまったら、そのあとどうしようもない。

海外旅行ではどんなにガイドブックを読んでも、ある町が自分にとってどういう感じを与えるか、判断できない。
その町にどれだけの時間を使えるかがわからない。

ということは、旅行計画なんか、もともと立てられないものなんだよ。
ガイドブックだけで、「この町に2泊する」なんて決めても、嫌な町だったら一泊だけで脱出した方が賢い。

その町が滞在するにふさわしいかどうか、どれだけいられるかは、自分の感覚で判断するしかないわけでね。
細かい旅行計画などというものは、旅の本質がわからない人たちが使う言葉なんだ。

さて、シーラーズの町に対して、僕はすでに評価を決定している。
シーラーズは、長居するところではない。

「ペルセポリスさえ見たら、出来るだけ早く逃げ出すのが賢い」ってね。
だからまず、シーラーズからの脱出手段を考える。

普通に考えるのは、シーラーズから次の町エスファハンへバスで移動することだ。
シーラーズからエスファハンまでバスで8時間くらいらしい。

ただ、ガイドブックに同じく8時間とあったケルマーンからシーラーズまでは、実際は10時間かかった。
ところで、8時間から10時間のバスというのは、一番使いにくいんだ。

というのが、夜行バスに乗るのか乗らないのかという微妙な時間なんだよ。
例えば、わかりやすく12時間のバスならば、夜行バスがいい。

午後8時ごろに出発して、午前8時に到着すれば、すぐに活動が開始できる。
これが、8時間のバスだと、午前8時に着くためには、深夜零時に出発することになる。
深夜零時まで時間をつぶすのが大変だよ。
またもちろん、10時間のバスとして、午後10時まで待つのも疲れる話だ。

15時間程度のバスならば、昼間のバスに乗るわけにも行かず、夜行バスにするしかない。
また出発が午後6時ごろで、到着が午前9時となり、都合がいい。

もちろん長距離バスに乗るときは、トイレが最大の問題になる。
バスにトイレが付いていないと大変だ。
僕は2007年の西インド旅行で、アウランガバードからムンバイへの夜行寝台バスに乗った。
その時は地獄に落ちたような気持ちになったよ(詳しくはリンク先を読んでね)。
気の利いたバス路線だと、バスにトイレがあってもなくても、適当な間隔を置いて、トイレがしやすいようになっている。
ただ、いままでのイランのバス旅行の感じでは、トイレのことはあんまり考えてないようだ。

僕はなにしろ、北米(アメリカ、カナダ)をグレイハウンドで2か月も旅をした経験がある。
また、中米を下ったときも、南米を一周した時も、ほとんどバス旅行だったよ。

南米のチリやアルゼンチン、ブラジルを旅していたときは、20時間程度のバスはごく普通のことだった。
今度のアジア横断旅行でも、ラサからゴルムドまで30時間以上のバスに乗った。

でももう疲れたよ(涙)。
特にイランの場合、次に行く予定のエスファハンにしても、特に心が躍らない。

トイレ付きの豪華バスがあるかもしれない。
また、8時間で行けるのならば、午前7時ごろのバスに乗れば、午後3時に到着できるわけだしね。

とにかくバスターミナルへ。
これも、タクシーに乗れば、4千リアル(48円)で簡単に行ける。

でもまそれもつまらないので、僕はバスターミナルまで、歩いて行く。
ショハダー広場、バールス博物館と歩いていったら、そこに旅行代理店を見つけた。

話だけでも聞いてみようと、中へ入る。
それが「Pars Lari & Sans Air Travel Co.」だ。
なかなか気持ちのいい、きれいな英語を話す、ひげを生やしたイラン人男性が応対してくれる。
シーラーズからエスファハンの飛行機便の事を聞いてみる。
すると、毎日午前9時半と午後8時25分に、直行便がある。
飛行時間はたったの1時間だそうだ。
料金が驚くほど安い。
明日の席があるということなので、その場で発券してもらった。

1999年8月27日午前9時半発、シーラーズからエスファハン行き、その料金が9万1千リアル(1092円)!
オイオイ、飛行機がたったの千円ちょっとだよ(笑)♪
これだったら僕は、飛行機が大嫌いでも、切符を買う。
だって、海外旅行業界には、「安い切符の話」はたくさんある。
でも、人の話を聞いたとか、噂では安かった、ではダメなんだよ。
自分がその安い切符で飛行機に乗らなければ、海外旅行者業界では信じてもらえないんだ。
海外旅行者業界とは、それほど厳しいものなんだね。
まあ逆に言うと、旅の話はウソだらけなので、自分で体験しない話は、誰も信じてくれないってことだけどね。
バスで8時間かかるところを、飛行機で1時間。
バスだとおそらく2百円くらいだろうが、8時間以上かかる。

コリャ誰がどう考えたって、飛行機に乗ったほうがいいよね。
いやー、良かった。

僕もイランのバス移動に、疲れ果てていた。
肉体的にも、精神的にもね。

ここで飛行機の切符が安いことがわかって、これからのイラン旅行の悩みはスッキリ解決した。
イラン国内は、飛行機を使えばいいんだよ。

あー、スカッとした。
イランのバスにだらだら乗るのに、飽きてたからね。

この旅行代理店にたまたまぶつかるまでは、飛行機を使うなんて考えてなかった。
また、イランの国内線が、こんなに激安だとは、全く知らなかった。

念のために、テヘランから成田への片道切符の値段を聞いてみる。
すると、僕が外人だということを確認して、852ドルに税金が28ドル付いて、880ドルという返事だった。

1999年の夏の1ドルは約110円なので、テヘランから成田への片道航空券は96800円ということでした。
これで明日午前9時半にエスファハンへ行くことが決まった。

それならばこれから、すぐにイラン旅行の華「ペルセポリス」へ行きましょう!
注)このアジア横断旅行記は、1999年の話です。
「地球の歩き方 イラン 2009〜2010」(取材が2009年3月)で、シーラーズからエスファハンの航空運賃は30万2千リアルとあります。
このレートが1円=10リアルということですから、3千円です。
1999年と比べると、2009年は、バス料金も航空運賃も3倍くらいになってる感じですね。
それでも、バスだと8時間かかって、料金が5万リアル(5百円)です。
特に短期旅行の人は、3千円で飛べるなら絶対に飛んだほうがいいです。
イランの国内旅行は、飛行機を使うのがいいでしょう。
もちろん、運賃や両替レート、旅行の状況は常に変化します。
最新情報は、読者が自分で確認ください。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD