『ABBASEEN EXPRESSから乗客が姿を消し、コンパートメントを独り占めして、高原の風に吹かれてクエッタへ』@パキスタン
1999年8月20日。
前夜、インダス川を東から西へ渡る手前の町「Rohri(ローリ)」付近で寝てしまったようだ。

ABBASEEN EXPRESSの旅も3日目になる。
列車の中で二晩過ごすというのは、普通は、なかなか退屈するものだ。

例えば中国なんかだと、ほとんどの乗客は出発駅から最終目的地まで乗りっぱなしのことが多い。
また、ベッドは常に満席だと考えられる。

インドの列車は、何しろ長距離が多くて、また鉄道線路が複雑に入り組んでいる。
だから、途中での乗り降りは多いが、コンピューターで座席を制御している。

ところが、パキスタンの場合は(少なくともこの旅をした1999年時点では)、切符も座席指定も手書きだった。
それでも、毎朝切符の検札に車掌さんがやってくる。

この朝は、その車掌さんに起こされた。
起きてみると、僕の席がある一等のBコンパートメントには、僕1人だけだ。

考えてみれば不思議ではない。
だって、この列車の終点はクエッタで、パキスタンの辺境バルチスタンにあって、ここが行き止まりだ。

普通のパキスタン人でも、特に産業もないバルチスタンへ来ることはないだろう。
来るとしても、カラチやイスラマバードから飛行機に乗ればいいだけだ。

僕のように、わざわざペシャワールからパキスタンの中心部を大きく迂回して二晩も列車で寝て、クエッタに来る人間なんていない。
こんなことをやるのは、アジア横断旅行が大好きな、日本人バックパッカーくらいのものではないかな(笑)。

同じくヨーロッパへの陸路旅行が好きなのに、オーストラリア人旅行者がいる。
ただ彼らならば、もっとゆっくりと、あちこち寄りながら、時間を使って旅を楽しむだろう。

コンパートメントを1人で独占するのは、とてもキモチがいい。
このコンパートメントは、何しろ6人用のコンパートメントで、2段ベッドが3つも入っているのだから、かなり広いんだ。

その広いコンパートメントに僕1人だ。
うれしくなって、あちこちのシートに座ってみる。

またシートに横になり、本を読みながら、ウトウトしたりする。
窓を開けたら、気持ちいい、さわやかな風が吹き込んでくる。

「Lonely Planet Pakistan」によると、クエッタの手前に「Bolan Pass(ボラン峠)」という地点があり、そこからの景色がすばらしいとか。
僕が見たのは、どこまでも続く高原だったけどね。

ABBASEEN EXPRESSは、バルチスタンの中心都市クエッタへ進む。
ここまで来たら特に急ぐつもりもないらしく、列車は高原をカタカタ、コトコトと、ゆっくり走る。

これがまたいいね。
列車の終点クエッタ到着は、時刻表に寄れば午前8時になっている。

でも午前8時というのは、旅行者にとっては、中途半端な時間なんだよ。
この時間だと、ホテルの部屋の掃除もまだすんでいなくて、ホテルへ行ってもまだ部屋が用意できていないことが多い。

列車の遅れは3時間ほどで、このまま行けば、到着が午前11時になるだろう。
午前11時というのは、町も完全に活動しているし、ホテルも部屋の準備が済んでいる便利な時間だ。
列車の運転手もそこがよくわかっていて、親切心から、わざとゆっくり走っているのだと思うよ(!?)。
おそらくこの路線では、ABBASEEN EXPRESSも、ローカル列車として使われているようで、頻繁に小さな駅へ停車する。

窓から見ると、ほとんど乗り降りがないのに、ゆっくりと時間をとっている。
貨物の積み下ろしをしているのかもしれないが。

クエッタに近づくと、トイレに何度も通って体調を整える。
新しい町というのは、なにがあるかわからないからね。

クエッタから、僕はここからイランへと向かう。
しかしだね、クエッタから北へ向かって、Chaman Khojak Passを越えれば、アフガニスタンのカンダハル(Kandahar)だ。

クエッタというのは、アフガニスタン、イラン、パキスタンの三国へ通じる道路が集まるところなわけだよ。
僕が旅をした1999年は、タリバンがアフガニスタン全土を制圧して、イスラム原理主義で国土を支配していた。

とても普通の旅行者がふらふらと入れる状況ではない。
また、クエッタからイラン国境を陸路で越える途中も、危険だといわれていた。

クエッタからイラン国境へのバスも、襲われる可能性があり、コンボイを組んで通過することになる。
その危険度は、現地に行かないとわからない。

そのためにも、イランから来た旅行者と出会えるような宿に泊まった方がいい。
クエッタでまずやることは、今夜の宿を見つけ、イランへのバスの情報を得ることだ。

ガイドブックでは、クエッタは標高1700メートル。
夏の時期は比較的涼しいが、冬になると雪が積もってものすごく寒くなるとのこと。

まあそれならば、とにかく夏に来たというのは間違いではないわけだ。
僕は緊張して、クエッタの駅を出て、クエッタの町へと歩き出す。
クエッタの町で降りた旅行者(バックパッカー)は、僕1人だったようだ。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD