『世界旅行者は、真夜中に列車を降りてモヘンジョダロへ行くかどうか、考える』@パキスタン
1999年8月19日。
ABBASEEN EXPRESSに乗って2日目になると、だんだん慣れてきた。
どうもこの列車は、エクスプレスとはいっても、鈍行みたいな感じだよ。

小さな駅に次々に停車して、乗客も短距離の人が多く、入れ替わりが激しい。
また、それほど大きな駅でないのに、結構長い時間停車したりする。

僕に(彼が知っている)日本女性と連絡を取るように頼んだ医者も、握手をして降りて行った。
ところが、列車が次の駅へ行ったら、また彼が列車に入ってくる。

彼は手にお菓子やブドウを持って、僕にプレゼントしてくれた。
何でも、駅で降りて、ブドウやお菓子を買って、また自転車で列車を追いかけてきたそうだ。

ありがたく、プレゼントをいただいた(結局、食べなかったが)。
医者は、列車の出発前に降りていった。

僕は、彼に教えてもらった日本女性に連絡を取ることはなかった。
その女性とパキスタン人の医者は、とても親密な関係だったかもしれない。

でも日本女性はこれ以上の関係は、続けたくないに決まっている。
旅先で外国人男性と知り合って、深い関係になる日本女性は多い。

またその続きで、外国人男性を日本へ呼び寄せる日本女性もいる(結婚する人も珍しくはない)。
医者の彼女がそれをしないという意味。

それは、旅先の恋はそれきりにしようと、考えているってことだからね。
僕が、医者に連絡をすると約束したのは、これも悪いことではない。

だって、それで彼は、夢を持ち続けられるのだから。
日本女性から連絡があって、ビザのことなどをクリアしてもらって、日本に行くという夢をね。

人は、夢さえあれば生きていけるものだ。
世界旅行者は、パキスタン人医者に希望を与えることが出来た。

と、ホンワカとした幸せな気持ちになる。
2日目の列車の中は、なかなか面白かったね。

日本女性との想い出に生きているパキスタン人のお医者さんと話をして、連絡するように頼まれた。
自称鉄道警察官の2人組から、かなり鋭い追及を受けた(または、からかわれた)。

このあとは特に変わったこともなかった。
パキスタンの中心部を過ぎて、南部に入ると、だんだんと乗客の乗り降りも少なくなる。

僕は、このまま荷物に目を配り、貴重品に注意して、列車に乗り続けていればいい。
そうすれば、パキスタンとイランの国境近くの町、クエッタ(QUETTA)へ到着する。

とにかく、トラブルなく乗っていることが、一番大切なんだ。
ただ、一つ気にかかることがあった。

それは、僕が主唱する「世界旅行主義」に関わる問題だ。
つまり、パキスタンで「モヘンジョダロ遺跡」を見るかどうかってことなんだ。

僕は、「一つの国で見るものは一つ」あって、それさえ見ればいい、と言ってきた。
僕は、世界中の遺跡を見てきた。

日本のメディアからは「遺跡王」と呼ばれている。
その世界旅行者としては、パキスタンに来たら「モヘンジョ・ダロ(Moenjodaro)」を見たいもの。

ところがモヘンジョダロ遺跡というのは、行くのが大変らしいんだ。
普通の日本のツアーなんかに参加すると、パキスタン南部の大都市カラチへ行って、そこからツアーに参加して、飛行機で日帰りするのがパターンらしい。

僕はツアーに参加する気持ちはない。
フンザのカーリマバードで買った「Lonely Planet Pakistan(5th, 1998)」を読み込んでいく。

Lonely Planet Pakistan(1998)
この本によると「モヘンジョダロは、パキスタン国外ではそんなに有名ではないが」と(英語で書いて)ある。
日本では、「インダス文明」を世界四大文明として教わる。

だから、義務教育を受けた日本人ならばインダス文明を知っている
インダス文明の遺跡として「モヘンジョダロ」の名前も聞いたことがある。

ただ、モヘンジョダロ遺跡は、観光地という目で見れば、そんなに有名な遺跡でもない。
日本人でも、モヘンジョダロを訪れた人はほとんどいないだろう。

ガイドブックにも、まず第一にカラチからの飛行機でのツアーの紹介がある(かなり高額だ)。
鉄道で行く場合には、モヘンジョダロという駅があるようだ。

僕が乗っているABBASEEN EXPRESSは、インダス川の東側の「Rohri(ローリ)」から西岸の「Sukkur(スックル)」へ渡る。
どうやら、スックルから、南へ鉄道が延びていて、「Larkana」という町がある。

ラルカナ(ラールカーナ)まで行けば、強引にモヘンジョダロ遺跡へ行けるようだ。
ただ、もちろん、鉄道の本数は多くない。

一番の問題が、僕の乗っているABBASEEN EXPRESSがスックルへ到着するのが、真夜中になること。
もちろん僕ならば、スックルで降りて宿を見つけて泊まるのは問題ない。

世界中どこでも、鉄道駅前には安宿はあるものだからね。
その次の日に、ラルカナへの鉄道に乗って、モヘンジョダロ遺跡を見るのも、無理ではない。

ただ、また鉄道でスックルへ戻ってくるのが大変だ。
この鉄道が、うまく、ABBASEEN EXPRESSにつながっているのかどうか?

さらにまた、スックルからクエッタへの鉄道に乗るために、深夜まで時間をつぶさなければならない。
もちろん世界旅行者の僕ならば、この困難を切り抜けて、モヘンジョダロ遺跡を見ることは可能だ。

ただ、それだけ努力をして、わざわざモヘンジョダロ遺跡を見る意味があるだろうか?
おそらくは、僕がこれだけの困難を乗り越えたことを、誰も評価しないのではないかな??

ただ僕は正直、そんな方向では考えなかった。
僕が思ったのは、例えば僕がスックルで降りようと考えても、スックルに何時に着くかわからない(笑)。

問題は、スックルに着いたことを確認できないってことなんだよ。
だって、今でも、鉄道時刻表から2時間から3時間遅れているんだ。

また、無意味に小さな駅で停車している。
もしも鉄道が時刻表どおりに走っているならば、僕はモヘンジョダロを見るために、真夜中にスックルで降りることはちっともかまわない。

でも、そのスックルの駅にいつ着くかわからないまま、深夜にイライラしたくなかった。
世界旅行主義の一つに、「無理をしてはいけない」というものがある。

もし旅をしていて、無理なことをしなければならない状況に陥ったとする。
それは神が「無理をしてはいけない」と、世界旅行者を教え諭しているんだよ。

でもぼくはまだ諦めきれず、ここに書くと一つの論文になるくらいの、いろんな可能性を頭で追求した。
その結果、僕は「モヘンジョダロを見ないと」決断する。

というのは、僕は、アジア横断旅行の途中だから。
アジア横断旅行のポイントは、まず第一に、日本から船で中国へ入ること。

僕は、神戸から燕京号に乗って、天津へ入った。
次は、とにかく、クンジュラブ(フンジュラブ)峠をローカルバスで通過すること。

これも、僕はやり遂げた。
その上に僕は、チベットのラサに寄り道している。
アジア横断旅行としては、これで十分だ。
あとは、「パキスタンからイランへ陸路国境を通って入国し、イランからトルコへ陸路国境で抜けること」が大事なんだから。

1999年のこの時期、イランのビザを取ること自体が難しかった。
僕はそれを、自分で麻布のイラン大使館へ行って、個人で申請してビザを取っていた。

このまま列車に乗って、クエッタに着けば、そこからイランへの道は開けている。
だとしたら、パキスタンでモヘンジョダロ遺跡へ行くことに、こだわる意味はない。

僕はそう判断したんだ。
この区間では、だんだん乗り降りの人も少なくなっていった。

インダス川東岸の「Rohri(ローリ)」の町へ着いたのはわかった。
それを過ぎたころに、僕は寝具もないベッドで寝てしまったようだった。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD