『最初の一日、なんと一等寝台なのに6人部屋で寝具もない』@ABBASEEN EXPRESS/パキスタン
1999年8月18日。

ペシャワールからクエッタへの「ABBASEEN EXPRESS」の切符を、出発30分前に駅のプラットホームで席を指定してもらった。
それが、「1st. cl. Sleeper B-5」だ。

僕はもちろんこれまでに、世界中で列車に乗ってきた。
また、寝台車に乗ったことも多く、ほとんどのタイプに乗ってきた。

その体験で言うと、一等寝台という場合は、一つのコンパートメントに2人か4人。
僕の最初の世界一周旅行で最初に乗ったのが、ロンドンからインバネスへの寝台車だった。

この時は、銀座ママの息子のKくんと2人用のコンパートメントを占領して、2段ベッドに寝た。
朝食を運んでくれたので、かなり豪華だったのではないかな。

豪華と言えば、僕はマドリッドからパリへ、タルゴの一等個室寝台に乗ったこともある。
ま、これは、ユーレイルパスでヨーロッパを走り回った最後の日で、2等寝台が満席だったからだが…。

中国では柳園駅からトルファンへ一等寝台に乗ったことがある。
これは、2段ベッドが向かい合わせに二つだった。

そうそう、大連から哈爾賓(ハルビン)への列車も、一等寝台で4人部屋だった。
ケニアで、ナイロビからモンバサへの寝台車も一等車だったが、これは2人だった。

だから僕のこれまでの経験では、一等寝台という場合は、2人部屋か4人部屋。
出来るならば4人部屋のほうが、人が多くて気楽だよ。

狭いコンパートメントで知らない人と2人きりなんて、あんまり気持ちよくない。
ところが「ABBASEEN EXPRESS」で、僕は入ったコンパートメントは、なんと6人部屋だった。

一等寝台のコンパートメントで6人部屋というのは、ちょっとおかしいよね。
また、コンパートメントで6人部屋という場合は、普通は、片側3段のベッドが向かい合わせに合計6つあるものだ。

ところが、僕が乗った列車では、初めてのベッド配置だった。
2段ベッドがコンパートメントの壁に沿って、コの字型に並んでいる。

進行方向と平行に、窓側に2段ベッドがあり、通路側に2段ベッドがある。
さらにコンパートメントの一つの壁に面して、別の2段ベッドがあるんだ。

これで合計6つのベッドがある。
コンパートメントにはもうひとつの壁があるよね。

そこには、トイレのドアがあったよ。
これは、いま思い出しても、不思議なコンパートメントだったね。

ただ、僕はこの前日、ペシャワールのローズホテルが暑すぎて、ほとんど寝てなかった。そこで、ボーッとしていて、それをありのまま受け入れていた。

ペシャワール駅のプラットホームで、僕がちょっと話をしたパキスタン人男性は、奥さんを2人連れていた。
話をすると、ラワルピンディまでこのまま行くのだとか。

何か怪しげな男性が入ってきて、僕のパスポートをチェックする。
続いてペシャワールでのホテルの名前などを聞く。

詐欺師かと思ったが、ひょっとしたら、パキスタンの秘密警察だったのかもしれない。
車掌は車掌で、別に切符をチェックしに来たからね。

途中で、女性を2人連れた別のパキスタン人が入ってきた。
午後6時24分、コンパートメントの電球が2つ、寂しく点灯した。

ラワルピンディに到着すると、コンパートメントの客は全員降りていった。
つまり、残ったのは僕1人だ。

早い話、ペシャワールからクエッタまで、2泊3日も乗り続ける人間なんて、僕以外にはいないってことだろうね(笑)。
ラワルピンディで僕1人になる。

しかし出発間際に、パキスタン人の学生が5人入ってきた。
彼らは、クリケットのファンらしい。

話が盛り上がって、カシミール問題を持ち出しかける。
その時、車掌が入ってきて、若者たちはコンパートメントから追い出される。

彼らはどうやら、一等の切符を持っていなかったみたいだ。
続いて、4人家族が入ってきた。

男性1人に大人の女性が2人、男の子が1人だ。
一緒に車掌がコンパートメントに入ってきて、4人の寝台を割り振った。

1999年8月18日の夜は、コンパートメントには、この家族4人と、僕1人の5人が寝ることになりました。

ところで、一等寝台のはずなのに、寝具なんかは全くない。
結局、ヨーロッパのクシェット(簡易寝台)みたいなもので、寝る場所があるだけだ。

車掌に確認したが、寝具はないんだと。
それならば、服を着たまま横になるしかないよ。

僕は、割り当てられたB5のベッドにごろ寝して、夜を過ごしました。
でもまあ、翌日も大変だったんだけどね(涙)。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD