『人が生きるのは、一日の終わりにビールを飲むため』@ABBASEEN EXPRESS/ペシャワール/パキスタン
1999年8月18日。

昨日(8月17日)に、ペシャワールカントンメント駅で、ペシャワールからクエッタへの「ABBASEEN EXPRESS」の切符を買っていた。
一等寝台で725ルピー。

この時期、1ルピーを2.4円と考えると、1740円だ。
実はこの時期、学生証があれば、パキスタンの列車は半額になるという話もあった。

ただもう僕は正直、パキスタンにウンザリ、飽き飽きしていた。
だから、あちこち聞きまくって、半額にしようという気持ちはなかった。

とにかく、パキスタンから逃げ出したいという衝動だけが、僕を突き動かしていた。
噂に聞いていた、パキスタン北部の「桃源郷」フンザも、僕にはほとんど感動を与えなかった。

しかもパキスタン旅行には大きな問題がある。
パキスタンでは、原則的にはお酒が飲めないんだ。

もちろん僕はそこをかいくぐって、カーリマバードでは「フンザウォーター」を飲んだ。
僕が買ったのはかなり質が悪かったらしくて、飲むのを止めたが(日本人の若者にプレゼントしてあげた)。

ペシャワールでは「パールコンチネンタルホテル」のバーで、ビールを飲んだ。
ちなみにこのパールコンチネンタルホテルは、2009年に自爆テロで崩壊したらしいけどね(涙)。

世界旅行者は、1999年のアジア横断旅行で、2009年のパールコンチネンタルホテル自爆テロについての、ネタを作っていたわけだ。
さすが世界旅行者、ただのありふれた「旅行オタク」とは大きく違っている。

パキスタンを普通に安宿に泊まって旅をしている限り、ビールを飲むのは無理だ。
さてところで、人は一体何のために生きているのか?

僕はこれをずーっと考え続けてきた。
その結論はまだ出ていないが、おそらくは、「人が生きるのは、一日の終わりにビールを飲むため」ではないかな。

海外個人旅行の場合は、特にトラブルなく旅をしていても、次々と新しい風景の中で、新しい体験をしている。
自分が意識していなくても、神経が疲れているものだから、一日の終わりのビールは必要だ。

ということは、海外個人旅行者にとって、「ビールを自由に飲めないパキスタンは、長くいるところではない」ってことかな。
僕はとにかく、パキスタンを脱出したいというのが本当の気持ちだ。

僕は昨日、「ABBASEEN EXPRESS」の一等寝台の切符を買った。
しかし、この列車は、なんとペシャワールからクエッタまで、2泊3日の旅だよ。

パキスタンをぐるっと時計回りに大回りするのだから、これは距離的に考えれば、高くはない。
そう思ったのは、一等寝台という言葉に惑わされたからかな(笑)。

予約オフィスで搭乗者の台帳に記入する。
しかしこれで座席が決定するわけではない。

この列車の出発(予定)が午後4時15分。
その30分前の3時45分に、駅のプラットフォームで、座席(ベッド)の指定をするという。

8月18日には、午前中にいろいろやることをやったあと、午後2時には、ペシャワール鉄道駅へ行った。
ホームで、列車を待つ。

まあ正直、他にやることはないからね。
ホームには、やはり同じく、列車を待っている白人旅行者がいた。

イギリス人の男性と、ニュージーランド人の女性のカップル。
この2人は、完全にイスラムの服装をしていた。

彼らは、タキシラ(TAXILA)というところへ行く。
このときは知らなかったが、タキシラというのは世界遺産になっている。

だったら、白人カップルにくっついて、タキシラに行った方がよかったかもしれない。
ただ僕は、すでに切符を買っていた。

現在でも、「タキシラ」と聞いても、それがどの国の世界遺産かわかる人はまずいないだろう。
ただ、パキスタンを旅していて、「世界遺産タキシラ」と聞いて、どうしても行きたいという人も居る。

しかし、日本に戻ってきて、「パキスタンで世界遺産のタキシラへ行ったんだよ」と話をして、聞いてくれる人がいるだろうか??
そんな知的好奇心のある日本人なんか、まず存在しないよ。

日本人というのは、みんな同じレベルの、平均的に退屈な人間だ。
だから、海外旅行に出て、旅先で一般に知られていないすばらしいものを見つけても、意味がない。

だって、誰も評価してくれないんだからね(涙)。
日本人というのは、農耕民族で、本当に新しいものには拒絶反応を起こす。

周囲がみんな認めたものには、周囲にあわせて評価する。
こういう退屈な、不和雷同の性質を持っているのが日本人だ。

あまりに先進的な、日本で知られてないところへ行っても、日本人は評価してくれない。
日本人のみんなが知っているようなところへ行ったら、それで日本でも評価が高くなる。

逆に言うと、日本で話題になっているようなところ/モノは、世界ではとっくに時代遅れになっているんだね。
だから日本では、海外のテレビが直接受信できないシステムになっている。

日本政府は、一般大衆が海外のナマの情報を手に入れないようなシステムを構築している。
それは、結局、日本政府と日本のメディアとは、結局は、海外情報の翻訳システムでしかないからだよ。

一般大衆が、海外から直接情報を得られるような状況になったら、海外からの情報を得るのに四苦八苦している日本政府も困る。
もちろん、日本メディアは存在価値がなくなるんだけどね(笑)。

というわけで、僕はそのとき「タキシラ」へ行く気は全くなかった。
また、今になっても、わざわざタキシラへ行く気持ちはない。

僕はこの旅をしながら、旅先で出会う日本人、フランス人、その他の旅行初心者の皆様に、アドバイスをしていた。
そのほとんどは、覚えていない。

というのは、その場、その人に合わせて、頭に浮かぶアドバイスを、適当にしゃべっていたからね(笑)。
ただひとつ覚えていること。

それは、「一つの国で見るものは一つだ」ということ。
というのが、ある場所に行くと、その他にもいろいろと「見なければならない/是非見たほうがいいもの」が次々と出てくるものなんだよ。

僕の第2弾「これが正しい海外個人旅行」の第三章『キモチイイ旅のためのヒント集』には、第23項として「広く浅く旅行するのが正しい」というものがある。
これは旅の本質を穿ったものなので、興味がある人は、是非購入して読んでください(笑)♪

「広く浅く旅行するのが正しい」とは、単純に言うと、あんまりディープに旅をしても意味がないってことなのね。
だって、これを読んでいるキミだって、「タキシラ」と聞いても、それについて、特に知りたいとは思わないでしょ。

僕も、白人男女からタキシラという名前を聞いても、その場で忘れた。
では何で書けるかというとだね、そのときに僕の旅行ノートにメモったからなんだよ。

列車を待っていると、ホームのカウンターで、一等車の席の割り当てが始まった。
僕の席は、「1st. cl. Sleeper B-5」となる。

このとき、「寝台は下段の方がいい」とアドバイスを受ける。
その通りに指定席をもらう。

ホームで待っていたパキスタン人の夫婦(もちろん、パキスタンでは人妻と外国人が話すことは出来ないので)の、ご主人の方と話をした。
列車がやってきたので乗り込む。

すると、このコンパートメントは、僕の長年の海外列車旅行でも初めて見る、とんでもない、驚くべき構造になっていた
それが何かは、次回のお楽しみね。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD