ヤシュチラン(Yaxchilan)遺跡

【ヤシュチラン遺跡が川に沿って存在することを示す、世界旅行者みどりのくつした(みど先生)】
ヤシュチュラン遺跡という名前は、さすがの世界旅行者みどりのくつした(みど先生)も、聞いたことが無かった。
だから、パレンケからバスと小さなボートを乗り継いでたどり着いた時も、たいした遺跡ではないだろうという先入観で、心がときめくことは無かった。
ボナンパック遺跡は、マヤ遺跡に興味がある人は、名前は知ってるんじゃないかな。
ヤシュチュラン遺跡は、普通は知らない。

船が遺跡の船着場に着いても、ドキドキしなかった。
時間潰しに、あんまり有名じゃない遺跡に立ち寄ったのだろうとまで、思ったからね。
しかし、船着場からから岸を登り、ジャングルを歩いて広場へ出ると、思いがけない感動が待っていた。
巨大な遺跡が、まってたよ。
しかも、有名なマヤ遺跡と違う点がある。
ここでは、すべてのピラミッドに登れるし、建築物の地下道にも入れる。

チチェンイツァのエルカスティージョ(ククルカン神殿)には登れない。
パレンケの碑文の神殿は、神殿へ登ることも出来ないし、またその地下へ続く階段も下ることが出来ない。

とはいっても、世界旅行者みどりのくつした(みど先生)は、1989年にどちらも上り下りしてるけどね(笑)。
ヤシュチュラン遺跡になると、観光客が少ないせいか、遺跡へ入ることに対して、ほとんど規制が無い。

これは感動的だったよ。

みど先生は、地下迷宮の神殿に迷い込んだ。
常に持っている懐中電灯を手にして…。
するとそこには、(おそらく)吸血コウモリが。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx