ティカル遺跡ツアーパンフレット@サンファン社/サンタエレーナ

【サンファン社のティカル遺跡ツアーのパンフレット】
「CASA ELENA HOTEL」に宿を決めたあとで、僕が1989年に泊まったことのある「ホテルサンファン」へ行ってみた。
ここに、旅行会社のサンファン社があると記憶にあったからだ。

ところが、ホテルはがらがらで、部屋を見せてもらってもボロボロだ。
結局、ホテルサンファンも実質的に営業はしていないようだね。

受付のおじさんに旅行のことを聞くと、別の場所へ連れて行ってくれた。
それが、フローレス島のコーズウェイを出たまん前、僕が泊まっている「CASA ELENA HOTEL」の向いだったよ。

ホテルを飛び出したときに当然目に入ったはずだが、急いでいたので気が付かなかったんだ。
これが「サンファンツアーアンドトラベル」社のメインオフィスだった。

「San Juan Tour & Travel」社の看板が出ている。
中に入ると、大きなカウンターがあり、受付には英語を話す女の子が2人いた。

まず、翌日のティカル遺跡へのツアーを調べる。
ツアーといっても、実際は往復のマイクロバスの料金だけで、誰かが遺跡の中を案内してくれるというわけではない(もちろん頼めば英語のガイドくらいは手配してくれると思うが)。

サンファン社のツアーのパンフレットをもらう。
ティカル遺跡のツアーの出発時間が、04:30(05:00),06:00,07:00,08:00,09:00,10:00そして14:00。
ティカル遺跡からの帰りの時間が、12:30,14:00,15:00,16:00,17:00,18:00。

料金は50Q(ケツァル)。
1ケツァルが15円と考えれば、750円か。

1989年の記録を見ると、その時のレートで往復10Q。
レートが1Qが50円なので、500円。

20年近くたった割には、それほどの物価上昇ではないということかな。
それとも、20年間ボッタクリ続けてきて、これだけの大きな会社に成長したということか。

メキシコからのマイクロバスで一緒だった欧米人旅行者諸君は、だいたい午前5時発の朝一番のバスで遺跡へ行くようだ。
これはつまり、ティカル遺跡の中で夜明けを見るってことなんだ。

僕はそこまでの思い入れはない。
すでにまだ観光客が少なかったころの、ティカル第一神殿に上れる時代に、遺跡を見ているのだから。

余裕を見て、午前7時出発のバスの予約を取る。
そして次に考えたことは、もちろん、グアテマラからメキシコへの脱出手段だったんだよ。

【画像】サンファン社のティカル遺跡ツアーパンフレット
【旅行哲学】ティカル観光はサンファン社に任せればすべて大丈夫。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx