ティカル遺跡はとにかく広くて、地図があっても必ず迷うもの@グアテマラ

【ティカル遺跡に入ったところにあるティカルの地図の前で】
ティカル遺跡にいったことのある人が共通に感じることは、とにかく広すぎるってこと。
ティカル遺跡に入る前にもちろん遺跡の地図を購入する。

それには、各遺跡間のおおよその移動時間まで書いてある。
ただ、どうもあんまり正確ではない気がするね。

遺跡の入り口から、ティカル遺跡の中心「グランプラサ」まで、25分と書いてあるよ。
もし迷わなければね(笑)。

いつまで歩いても神殿に着かないので、途中で「迷ったのかな?」と思うだろう。
問題なのは、ティカルの地図に書いてない細い道があること。

もちろん遺跡の中には、方向を示すボードがある。
でも、よほど慣れてないと(そして初めて行く人が慣れてるわけはないのだから)、絶対に迷うね。

途中で出会う観光客に、「第○神殿はこちらでいいですか?」などと聞く。
あちこちで同じ人に会うので、互いに写真を取り合ったりする仲間になれる。

旅行者は共通の感情を抱いている。
「ティカル遺跡はメチャ広いなー」
「ティカル遺跡に入ると、自分がどこに居るかさっぱりわからない」
「生きて遺跡から脱出できるだろうか」
なんてね。

戻る時は「EXIT」の指示通りに歩けば、脱出は出来る。
ところが、「この道は絶対に通った道じゃない」とか「この道は地図に書いてないよ」とか感じてしまう。

もう少しきっちりした地図があったほうがいいと思う。
遺跡の中にも大きな地図を置いて「You are here」みたいに、居場所がはっきりとわかるようにして欲しい。

ティカル遺跡の森で行方不明になる人が絶対に居ると思うよ。

写真は、ティカル遺跡を見た後で、出口まで戻ってきて、それでも自分がどの道を通ってきたのかわからない状態の世界旅行者です。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx