ティカル遺跡へ入る@ティカル/ペテン/グアテマラ

【ティカル遺跡の入場券売り場】
欧米人の若者たちは、とにかく元気がある。
僕と一緒にメキシコから来た欧米人の諸君は、バスの中で、午前4時半や5時のバスに予約を入れていた。

ティカル遺跡から日の出を見たいというのだろう。
これは、遺跡しか売り物のない観光業者が、よくでっち上げるツアーだよ。

日本人だらけのアンコールワット遺跡などになると、アンコールワットの日の出を見るツアー、アンコールワットの日の入りを見るツアーとでっち上げている。
何でもかんでも理由をつけて、金をむしりとろうとしている。

もっと進むと、遺跡を利用して夜中も金儲けをしたいというので、「音と光のショー」というものを作る。
遺跡の前に観覧席を作って、夜中に遺跡を照らして、音を流して、いろいろ仕掛けをして、夜中も観光客を集めて、金儲けをしようというすごい計画だ。

遺跡に眠る死者たちは、夜明け、昼間、日の入り、そして夜中まで観光業者から搾取され続けるってわけだね。
落ち着いて眠ることも出来ないんじゃないかな。

僕はそこまで遺跡にこだわることはないので、午前7時にホテルを出るツアーにした。
フローレスからティカル遺跡の往復ミニバス料金が50Q(ケツァル)、つまり800円程度。

ここらのバスはすべてまずフローレス島のホテルを回ってやってくるので、フローレス島へのコーズウェイの近くにある「CASA ELENA HOTEL」へやってきたのは、午前7時22分だった。

すぐに乗り込んで、バスはゆっくりと進み、興味深い風景を眺めながら、ティカル遺跡への到着が午前8時32分。
遺跡では、もちろん遺跡の入場料を払わなければならない。

この料金がグアテマラ人は15Q、外国人は50Qだった(涙)。
ということは、フローレスからバスに乗ってティカル遺跡に来ると、外国人は100Qだよ。

つまり、1500円以上。
結構な値段だね。

1989年は、バス代が10Q、入場料が5Qの15Qだった。
そのころのレートだと、750円。

値段は倍になっている。
でも日本の物価はそこまで上がってないよね。
つまり、旅行はしにくくなったってわけだ。

【ティカル遺跡の入り口のゲート】
で、切符を買って、このゲートを通って、遺跡へ行く。
入り口の遮断機に、一瞬、ここじゃないのかと思ったけれど、ごく普通にこの遮断機のある道が入り口です。

はいって、ずんずん進むと、遺跡の入場券をチェックするポストがまた別にあります。
それから実際の遺跡までが、ティカルは長いんだよなー(涙)。
ところで上の写真を良く見ると、入り口に車椅子のマークがあるのに気が付くと思います。
この遺跡では、特別な車で車椅子に乗った人を遺跡の中まで運んでくれる。
というのは、ティカル遺跡は入り口から遺跡のある場所まで遠いからね。
ティカル遺跡の中心、グランプラサで車椅子に乗って観光している人もいました。
最初に見たときは、ちょっとびっくりしたけどね。
米国やその影響のある国では、車椅子の人がどこでも行けるように、本当に良く考えているよ。
こういう風に、日本との考え方の違いがわかるのも、海外旅行のポイントかな。
日本では、バスに車椅子の人が乗れるような設備をしても、ほとんど利用がない。
日本全体に「車椅子に乗ってまで、バスに乗ってくるんじゃないよ!迷惑だなー」という意識があるんだよね。
【旅行哲学】海外観光地の入場料はどんどん上がるばかり。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx