チチェンイツァでメリダへの切符を買う@チチェンイツァ

【チチェンイツァの入り口の建物】
午前9時発チチェンイツァ行きADO社の1等バスの切符は、前夜に購入済み。
午前8時半には、バスターミナルでバスを待っていた。

前夜カンクンのバスターミナルで購入した
カンクン〜チチェンイツァの切符。
バス会社:ADO
クラス:1等
料金142ペソ
座席番号1番
出発時間:午前9時
乗客名 KENICHIRO NISHIMOTO
バスターミナルは非常に近代的で明るく、清潔だ。
バスに乗るときに常に気になるのが、トイレのこと。
1等バスにバスにトイレがあるのか、そのトイレが使えるのかわからない。
1989年に僕が旅した時は、バスにトイレがあっても乗客に使わせないってことがあったしね。
そこで、特にトイレに行きたいキモチもなかったが、念のためにトイレに行った。

するとびっくり!
トイレが自動ドアで、入るのに3ペソかかるんだって。

【バスターミナルのコイン式トイレ/3ペソ払う】
トイレの中も非常に清潔だった。
せっかく3ペソ払ったので、大のほうにも入って、一応しゃがんだりする。
時間があるのであちこち見ていたら、空港行きのエアポートバスの時刻表を見つける。
つまり、これからユカタン半島を旅をしたあと、カンクンから空港への足を確認したわけだ。
他にも、カンクン以外にプラヤデルカルメンからもエアポートバスが出ている。
どちらかからバスに乗ればいい、ってことね。
それは、いま考える必要はない。
旅の最後に決定すればいいだけだ。
それに無事に戻ってこれるかどうか、わからないのだから。
大型のいかにもぴかぴかに新しく、豪華なバスが9時前が到着する。
乗車前にバスのトランクルームに、バックパックを預けると、その場でクレームタグを渡される。

【チチェンイツァへのバスに預けたバックパックのクレームタグ】
乗り込むときは、バスの切符と乗客リストを照合する。
これもきちんとしているね♪

バスの座席は余裕があり、たっぷりリクライニングをする。
車内にはテレビモニターがついていて、ビデオを流す。

驚いたことにADO社では、アニメでシートベルトの締め方などを説明する。
さらには、ADO社のバスが事故でも乗客を守るような特別な設計になっていると宣伝まで入る。

これは、アメリカのグレイハウンドどころか、日本の高速バスなんかよりも、ずっといいね。
ただ一つの欠点は、冷房が効きすぎていること(涙)。

上着をバックパックに入れて、Tシャツ一枚ではさすがにちょっと肌寒かった(涙)。
でも、3時間程度なので我慢してしたけどね。
バスは特にスピードを上げることもなく、ゆったりと進む。
出発してしばらくしたら、天候が悪化して、雨が降ったが、それもすぐに止んで晴れる。

チチェンイツァへの到着は、12時ちょっとすぎ。
チチェンイツァの入場口の前が、駐車場になっていて、ずらりと大型のツアーバスが並んでいる。

どうやらカンクンへ来た観光客はツアーでチチェンイツァへ来るのが一般的なようだ。
その証拠に、僕が乗ったADO社のバスは、半分をちょっと超す程度の乗客だったからね。

さて、チチェンイツァに着いたからと、喜んですぐに遺跡へ入ろうと思うようでは、旅の素人だ。
ある場所へ着いたら、まず考えることは、そこからの脱出方法なんだよ。
僕は遺跡を見た後、メリダへ向かう。
つまり、メリダへの切符を買わなければならない。

注意しておくが、ADO社のバスはコンピューターで管理されている。
だから、もちろんカンクンのバスターミナルでもチチェンイツァからメリダへの切符は購入できる。

というか、すべての切符をある一つのバスターミナルで買うことが出来る。
でもそれをやったらダメだ。

というのは、旅に出たら何が起きるかわからないからね。
その場その場で切符を買っていたほうが自由度があるんだよ。

僕はチチェンイツァの駐車場にずらりと並ぶ大型バスと大勢の観光客の皆さんを見た瞬間に、「ここは長居出来ない!」と感じた。
1989年に来た時でも、観光客の多さにうんざりしたものだ。
2007年のこの雰囲気では、とにかく観光客だらけで、遺跡と一対一の対話なんかできっこないからね。
さっと見るだけ見てとっとと脱出した方がいい、と心を決める。
人に聞いて、バスの切符売り場へ行く。
バスの切符を売るカウンターは、入り口の左側の建物の奥にあった。

時刻表を見ると、1等バスはやはりADO社しかないようだ。
次のバスが14時10分、その次が17時の2本だけ。

メリダまでが2時間ちょっとかかるとすると、午後2時10分の1等バスがいいだろう。
2等バスはたくさんあるが、時間がかかる。

時間がかかるなら当然、メリダへの到着が遅れる。
メリダへ遅く着いて、ホテルを探し回るなんてことはしたくない。

だって、メリダはすでに見ているし、翌日はパレンケへ向かうつもりなんだから。
僕が作った「世界旅行法則」には、「新しい町には明るいうちに入れ」とあるしね。

ちょっと焦って、切符を買う。
注意したのが、バスの中央付近の28番に席を決めたこと。

先頭の1番の座席は、エアコンの風がダイレクトに当たって、居心地が悪かったからね。
これからADO社のバスに乗る人は、そういうことも注意して置いてください。

ここでも切符には自分の名前が入る。
キーボードを渡されるので、自分で打ち込んだが、急いでいたせいで「NISHIMOTO」が「NIHIMOTO」になってしまった。

でもまあ、一度買ったときに、切符の名前なんて適当でいいとわかったので、苗字だけにした。
チチェンイツァに到着してすぐに買った
当日の、チチェンイツァ〜メリダの切符
バス会社:ADO
クラス:1等
料金:80ペソ
座席:28番
出発:14時10分
乗客名:NIHIMOTO
さて、これから約20年ぶりのチチェンイツァ遺跡との再会です。
もちろん、昔よりもずっと状況は悪くなっているだろう、と予想が出来たんだけどね。

でも、これほどとは…。

【写真】チチェンイツァの入り口/カンクンからの切符/トイレのゲート/クレームタグ/メリダへの切符
【旅行哲学】年がたつにつれて、旅はどんどん便利になり、面白くなくなる。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx