世界旅行者は18年ぶりにティカル一号神殿に再会する

【ティカル一号神殿前にて】
マヤ遺跡の中でも誰でもがまず一番に上げるのがティカル遺跡。
そして、ティカル遺跡の白眉といわれるのが「一号神殿」だよ。

1989年に僕が来たときは、一号神殿に登れたので、もちろん世界旅行者みどりのくつした(みど先生)は、危険を冒して登っている。
それが「中米旅行記(1989)」《ティカル遺跡の広さに世界旅行者も敗北を認める》なので、読んでみてね。

2007年だと、当然登るのは禁止になっていた。
もちろんこれは、僕にとっては、よかったわけだ。

だって18年前だって落ちて死にそうだったのだから、いま登れたとしたら、僕はここが墓場になったことだろうからね。
そうするとノースアクロポリスにでも葬ってもらえるかな(笑)。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx