世界旅行者の水着写真@プラヤデルカルメン/ユカタン半島/メキシコ


【水着姿の世界旅行者みどりのくつした(みど先生)@playa del carmen(2007)】
世界旅行者みどりのくつした(みど先生)は、世界中で泳いできた。
めぼしいところを思い出してみると。
南米では、リオのベルメーリャ海岸、ブラジルのフォルタレーザ、ベネズエラのカナイマの滝つぼでも泳いだ。
中米ではもちろんカンクン、カリブ海ではバルバドスや、トリニダードトバゴなどの島々で。
北米で好きだったのが、ロサンジェルスの南にあるラグナビーチだったね。
太平洋の島々でも、ハワイ、フィジー、タヒチ、ラロトンガ島(クック諸島)、ニュージーランドでも泳いだ。
オーストラリアではシドニーの海岸で泳ぎ、もちろんサーファーズパラダイスでも、グレートバリアリーフでも泳いだよ。
さらには、アフリカの海岸でも、あの伝説のラムでも、マリンディでも、ザンジバルでも泳いでいる。
ガンビアの海岸でも、チュニジアのジェルバ島でも泳いだね。
インドのガンジス川や、ゴアのアンジュナビーチ、南インドのコバラムビーチ。
スリランカのヒッカドアビーチ。
もちろん、定番バリのクタビーチを始めとする、東南アジア各地のビーチでも泳いだ。
イスラエルの死海でも泳いだ(腰を沈めて浮かんだ)。
そうそう、キプロス島のラルナカ海岸でも泳いだ。
まだまだあるが、いちいち思い出して場所の名前を確認するのも面倒だ。
最近は、紫外線を浴びすぎると皮膚ガンになるという情報もあり、そんなに熱心には泳がない。
ただ、2007年、久しぶりにユカタン半島に来た。
しかも、新しいビーチリゾートとして人気が出ているプラヤデルカルメンへ泊まったら、軽く海にはいるのは仕方ないだろう。
それに、僕のバックパックには常に水着が入ってるしね。
だから、ホテルをチェックアウトする前、プラヤデルカルメンの朝に水着に着替えて、ビーチへ出た。
プラヤデルカルメンの海はそれほど透明度は高くなかった。
正直、ビーチ自体としては、たいしてランクは高くない。
まだ朝は早く、ビーチにはデッキチェアがようやく広げられようかという時間。
軽く沖へ泳いで、戻ってきて、そこにいた人に頼んで、写真を撮ってもらいました。
もう水着で勝負する歳でもないから、これが最後の水着写真になるかもしれません。
【写真】世界旅行者@プラヤデルカルメン
【旅行哲学】男としてはいくつ歳を取っても水着に耐えられる身体でいたいものだよね。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx