ティカル遺跡から戻る&キャンプ場@ティカル/グアテマラ

【ティカル遺跡からフローレスへ戻るバス】
フローレスからティカル遺跡への午前7時発(実際は7時22分)のバスに乗り、ティカル遺跡へ到着したのが、午前8時32分。
すぐに遺跡見物に出かけた。

とはいっても、僕はすでに1989年にティカル遺跡をじっくりと見ている。
だから、今回は、さっさと歩いて変化のいろいろをチェックするだけだ。

もともと世界旅行主義には「どんな遺跡も2時間あれば十分見られる」というのがあるからね。
ティカル遺跡の場合は、遺跡が広いが、それでも3時間あればメインは見られる。

というか、こんな暑いところで、4時間も5時間も歩き回ること自体が体力的に無理だよ。
だから、欧米人の若者が朝早くやってきて、日の入りまで見るというのは、これはもう人種的な体力差だと思う。

到着して3時間後の午前11時半には、ティカルのだいたいのところは見た。
すると、フローレスへ帰るバスが気になるね。

ティカル発フローレス行きの最初のバスは昼の12時半に出ることになっている。
確認のためにそこら辺にいる人に「フローレス行きのサンファン社のバスはどれだ。どこに来る」と聞いて回る。

すると、みんなが指差したのが、韓国現代(HYUNDAI)のバスだったよ。
そのバスを写真に撮った。

【ティカルのキャンプ場/スペイン語で「旅行者だけ」と書いてある】
時間があったので、うろついていると駐車場の横にキャンプ場を見つけた。
写真を撮る。

【きれいな芝生が広がるティカルのキャンプ場/問題はキャンプしている人が見当たらないこと】
ただ、このキャンプ場にはキャンプしている形跡が見えなかった。
僕が1989年に出会った白人の若者は、確か、キャンプをするとか言ってたけどね。

12時半のバスを、他の欧米人の若者たちと、遺跡の案内所前の日なたで待つ。
すると、12時にバスがやってきた。

僕たちが喜んで乗り込むと、バスの席は半分ぐらい埋まった。
そのバスは、僕たちを乗せた後で、すぐに動いてガレージへ行って、バスの整備を始めたよ。

軽い整備が終わって、また駐車場に戻ると、こんどは乗り切れないくらいの観光客がいた。
それを、きっちりと定員だけ載せて、後は積み残す。

結局午後12時30分発のバスは、12時にやってきて、一度客を乗せて、ガレージへ行って、また戻ってきて、客を乗せて、積み残して、12時46分に出発した。
あとは、来た道をたらたら走って、14時15分にフローレスへ到着。

そこで僕は「Villa del Lago」へ宿を決めて、「Casa Santa Elena」へ戻り、預けておいたバックパックをもらって、部屋に収まりましたとさ。

【旅行哲学】行きのバスよりも、帰りのバスに乗るのが大事。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx