キンタ(Quinta)を歩く@プラヤデルカルメン/メキシコ

【カンクンエアポートへ移動するため、バスターミナルへ歩く】
カンクンへのバスは僕がチェトマルから到着したのとは別のキンタ(Quinta)つまり、五番街にある。
結局、プラヤデルカルメンはビーチと、このキンタがすべてだったね。

朝起きて、キンタへ出て、アメリカンブレックファーストを取ると、これが45ペソ。
そして、どうしてもチップを渡さなければならない雰囲気だ(笑)。

まあ、5ペソしか渡さなかったけどね。
でも、朝食が合計50ペソ、約500円。

これって、やはり、アジアのビーチなんかよりもずーっと高いよ。
バンコクのカオサン通りで軽く朝の麺を食べても、20バーツ(60円)程度なんだからね。

やはり、プラヤデルカルメンがいくらカンクンより安いとはいっても、貧乏人がわざわざ来るところではない(涙)。
朝食のあと軽くビーチへ出て、ちょっと泳ぐ。

一応砂浜に寝て、一時間ほど軽く日に焼いたりして、部屋へ戻る。
そして、バックパックを背負って、バスターミナルへキンタを歩いた。


【キンタは、とにかく欧米人観光客で一杯】
さて、ビーチリゾートの午前というものは、どこでも静かなものだ。
夜になると、店が賑わって、深夜まで騒ぎが続く。

だから、プラヤデルカルメンもそうだろうと思っていた。
ところが、日差しの強い午前中なのに、もう欧米人観光客の皆様が、どっと繰り出していた。

【昼間からマリアッチが歩いている】
しかも、昼間からマリアッチが歩いている。
ひょっとして昼飯の時間でも、どこかのレストランでマリアッチの演奏をやるのだろうか。

【海に通じる小道の両側にも店がびっしり】
キンタはビーチから入った一筋目の通りだ。
だから、キンタからビーチへ入る通りは、もちろんいろんな店でびっしり。

【キンタには、ホテルもレストランも、コンビニも酒屋も、お土産屋も、両替商もたくさんあります】
キンタには、もちろん両替商もある。
レストラン、ホテル、バー、酒屋、コンビニ、そしてお土産屋。

プラヤデルカルメンに4日くらいいて、プール付きのホテルに泊まって、ごろんとしていると、なかなかいいんじゃないかな。
でももちろん、こういうビーチリゾートに来るためには、男1人では意味がないよ。

男性1人ならば、僕のように一泊が限度(涙)。
やはり、カップルがオススメかな。

【旅行哲学】プラヤデルカルメンのキンタ(五番街)は、とにかく朝から晩まで欧米人旅行者で一杯だ。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx