日が暮れて、バスターミナルへ到着@プラヤデルカルメン/メキシコ

【すっかり暗くなった午後6時45分にプラヤデルカルメンのバスターミナルに到着した】
朝5時にグアテマラのフローレスを出た中型バスが、ベリーズからメキシコへの国境を越えて、チェトマルのバスターミナルへ着いたのが、午後2時10分。

このバスを申し込む時は、チェトマル到着が午後1時だと言われていた。
僕はそんな話を信じたりはしない。

メキシコへの国境を越えたのが午後1時半くらいだったから、「国境を越えたのがチェトマルだ」と考えれば、まるっきりのウソでもない。
でも午後2時過ぎにチェトマルへ到着したのは、予想外に早かったよ。

これならばなんとか、プラヤデルカルメンへ明るいうちにたどり着けるかもしれない。
チェトマルのバスターミナルですぐに、切符を買う。

バスはチェトマル発カンクン行き。
途中のプラヤデルカルメンで降りられるようだ。

ADO社の1等バス。
午後2時半発で、料金は180ペソ(1800円)。

チェトマルのターミナルには1等のバスの乗客だけの、エアコンつきの特別待合室があった。
バックパックをバスに乗り込む前に別のカウンターで預けて、クレームタグをもらう。

バスの中では、モニターに映画が次々と3本も上映された。
到着は日が暮れるぎりぎり予想していたので、バスの中では、かなりイライラした。

これからプラヤデルカルメンに着いたら、宿を決めなければならないからね。
暗い中をバックパックを背負って歩き回るのは避けたいんだ。

【日が暮れる前に到着したいと、バスの窓から街の明るさを気にする】
どんどん暗くなっていって、街に明かりがともり始める。
そして、プラヤデルカルメンのバスターミナルに到着したのが午後6時45分。
結局、チェトマルからプラヤデルカルメンまで、4時間かかったわけだ。
このままカンクンまでいくとあと1時間らしいので、チェトマルからカンクンは5時間ね。

この時間になると、2月だし、もう日が暮れて真っ暗だった。
「Lonely Planet」を読んでいたら、プラヤデルカルメンには2つのバスターミナルがあるらしい。

到着したバスターミナルは、ターミナル自体は近代的な立派なもの。
ただ、周囲には何もない雰囲気だ。

つまり、ちょっと中心を外れた方のターミナルに着いたようだ。
バスターミナルを出て、道路の表示見て、どこにいるのか地図上で確認する。

通りかかった地元のおばさんに、スペイン語でホテルのある場所を聞くと、「キンタ、キンタ!」という。
キンタとは、スペイン語で「quinta」。
つまり、五番街のこと。

その五番街が観光客の多いメインストリートのようだ。
ただその場所、方向が確認できない。

次にリゾート客らしい白人年長者のカップルに会った。
彼らには英語で聞いたら、親切に方角を教えてくれる。

実際はたいした距離ではなかったが、暗い中を宿探しで歩いていると、ちょっと冷や汗が出たよ。
最初に目に付いたホテルを当たると、ファンだけの部屋で400ペソ、エアコン付だとなんと500ペソ(5千円)だ!

これはまずいね。
この最初のファンだけで4千円の宿は、かなりくたびれているんだから(涙)。

まあ、明日はロサンジェルスへ帰るので、寝るだけでいい。
寝るだけのために、4千円は使えないだろう。
それに、蒸し暑いのでエアコンが欲しい。
エアコンが付いただけで5千円なんて、これは絶対に泊まれない。

プラヤデルカルメンも、もう高級リゾートになってるんじゃないかな。
世界旅行者はさらに、ホテル探しを続けました。

【写真】プラヤデルカルメンのバスターミナルに到着した/暮れ行く街に心配がつのる
【旅行哲学】ホテル探しは明るいうちがいいよ。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx