朝のビーチ@プラヤデルカルメン/メキシコ

【ビーチから南を見ると、桟橋があってコスメル島へのフェリーが接岸していた】

【ビーチから北を見ると、新しいホテルの建設中。これからさらに発展するだろうね】
プラヤデルカルメンの中ではかなりの安宿「HOTEL HACIENDA AGUA AZUL」へ泊まった。
チェトマルから着いた夜は、ただ食事をして寝ただけ。

翌朝になると、スカッと晴れていたので、とにかく一泳ぎすることを考える。
部屋で水着に着替え、Tシャツを着てビーチへ歩く。

朝早いのか、人影は多くない。
まだ、日焼け用のデッキチェアをセットしている途中だった。

南を見ると、桟橋があって、コスメル島へのフェリーが接岸している。
人や車が乗り込んでいるのが見えた。

ビーチには、新しいホテルがあり、さらに建設中のホテルが多い。
これからどんどん発展していく雰囲気がする。

僕が泊まったところがおそらくは最安値で、一部屋250ペソ(2500円ちょっと)。
なにしろ、ビーチから二筋内陸に入っている。
【HOTEL HACIENDA AGUA AZUL】
ホテルは道路に面しているだけで、ほとんどリゾート地の雰囲気はない。
ホットシャワー、テレビ、クーラー、ツインベッドと一通りの設備はある。

それが全部古ぼけていて、わざわざ泊まりたいところではない。
もし、リゾートライフを味わいたいならば、ビーチに面したプール付きのホテルがいいだろうね。

ただ、おそらくそれだと1万円くらいはするんじゃないかな。
朝飯でも、たいていのところで、60ペソしてたからね。

プラヤデルカルメンも、そんなに安くはすごせない。
安くビーチを楽しむならば、東南アジアがまだいいだろう。

【写真】プラヤデルカルメンのビーチに立って、南と北を望む。
【旅行哲学】プラヤデルカルメンも、もうすぐカンクン並みの物価になるだろう。
beach
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx