「HOTEL NIKTE-HA」から「Hotel Lacandonia」へ@パレンケ/メキシコ

【パレンケの最初の宿、HOTEL NIKTE-HA】
メリダから着いて、とにかくフアレス通りの「HOTEL NIKTE-HA」に宿を決めた。
2階の通りに面した1号室(240ペソ)。
そのあと、フアレス通りの酒屋、土産物屋、レストラン、旅行代理店なんかを当たって歩いた。
ただ、このホテルの窓のシャッターがきれいに閉まらないのが気になった。
これだと、部屋に明かりをつけていると、通りから中が見えてしまうよ。
また、部屋が小さい。

部屋にはベッドがあるだけで、旅行日記をつけるテーブルもないんだから(涙)。
ちょっとホテルを決めるのが早すぎたかもしれない。

でも、夕方にある町へ着いた時は、ホテルを早く決めることが最重要課題だ(世界旅行主義より)。
そのあとでゆっくり考えればいい。
ある町に1泊しかしないときは、宿は寝るだけなので、特に高くない限り我慢できるものだし、我慢しなければならない。
だって、「1泊のときは、早く寝場所を見つけることが大事」なんだから。

しかし、パレンケの場合は、到着した日と、翌日パレンケ遺跡を見たあとの1泊、つまり2泊する。
パレンケ遺跡は午後の早い時間には見終えてしまうから、ゆっくりと過ごせる部屋が必要だ。
それに同じ町に2泊するのに、あんまり感心しない宿に連泊というのは芸がない。
世界旅行者は、宿を決めて、バックパックを部屋におく。
身軽になったあとで、まず、翌日のパレンケ遺跡へ行くバスの出発が所を見つけに出た。
パレンケ遺跡へのマイクロバスが出発する場所はすぐに見つかった。
すると、その正面の建物の2階に「Hotel Lacandonia」を発見した。
日本に戻って、図書館で日本語のガイドブックを見ると、このホテルはオススメだそうだ。

【パレンケの2泊目の宿、Hotel Lacandonia】
階段を登っていって、部屋を見せてもらう。
するとオススメの10号室が広くていい。

とにかく日差しが入らず、部屋が大きくて、バスルームも広くて、ベランダには椅子とテーブルがある。
全体的にどっしりした壁で、安定感、安心感がある。

これならば、部屋に閉じこもって、旅行日記を書くことも出来るよ。
また、ひんやりした部屋で午睡を取っても様になる。

ただちょっと高かったけどね(1泊350ペソ)。
今度の旅行はとにかく高速移動を続けているので、宿泊費は無理に安く上げる意味はそれほどない。

中南米の長期旅行なんかになれば、こんなホテルにはとても泊まれないけどね。
そうそう、僕が1989年に泊まった時のことを思い出すために「中米旅行記(1989)」をチェックする。

中米旅行記(1989)より
《山越えのバスはまるでローラーコースター》
僕はソカロのある(パレンケの)町の中心へ歩いて、ソカロの真ん前にある『HOTEL MISOL−HA』へチェックイン。
部屋もなかなか大きいし、しっかりしたホテルだ。

ただ、シャワーを浴びようとしたが、『ホットシャワーは朝と夜だけ』とのこと。
シングルの25号室。
料金は2万ペソ(約千円)。

つまり、1989年はシングルルームで千円だった。
今では、倍以上するわけだ(涙)。

でもそれも、仕方がないだろう。
観光客も増えて、町も発展しているしね。

もともとスペインコロニアル風の宿というのは、中庭があって、部屋の入り口は中庭に向いているものなんだ。
それは、厳しい日差しを避けるためだけれどね。

ラカンドニアは、そういったコロニアル風の約束事を守っている。
翌日はこちらへ移動しようと心の中で決めた。

【旅行哲学】ホテルを決めても、すぐに別のホテルをチェックして、良かったらとっとと移動する。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx