エル・パラシオ(宮殿)をさらに探検する@パレンケ遺跡

【宮殿の壁のレリーフ/神にささげられた生贄から心臓を取り出したシーン】
パレンケ遺跡で堂々と中に入れるエルパラシオ(宮殿)も、ただだらだら歩いているだけでは、何も得られない。
ぼんやりと見ているだけではダメだよ。

宮殿の壁には、なんと「生贄から心臓を取り出すレリーフ」があるんだから。
しかもそのレリーフの心臓からは、血が噴き出している。

マヤは生贄をチャックモールに寝かせて、神官が生きたまま心臓を取り出すことで、有名なんだからね。
このレリーフを見ないと、パレンケ遺跡に来た意味がない。

【宮殿の地下通路を歩く/懐中電灯が必要】
また、宮殿には地下通路があることも、知っていなければならない。
まあ、だいたい遺跡というものには、知られていない地下通路があるものなんだよ。

これから行くヤシュチラン遺跡でも、思いがけなく、ガイドブックにも書いてない地下通路に迷い込んだものだ。
また、(いま入れるかどうかわからないが)ホンジュラスのコパン遺跡にも地下通路があった。

もちろん、他にもいろんな遺跡で地下通路に迷い込んだけどね。
とにかく、パレンケ遺跡の宮殿についても、特別な生贄のレリーフや地下通路を見ないと意味がないわけなんだね。

【宮殿の全景/遺跡の通路にはお土産屋さんたちが観光客を待っている】
そういう見所はあるわけだが、宮殿から外に出る。
と、そこにはお土産屋さんがずらりと並んで、観光客を待ってます。

【パレンケ遺跡の中にもお土産屋さんがたくさんいます】
チチェンイツァではものすごい数のお土産屋さんが並んでいた。
でも、パレンケもなかなかのものだったよ。

僕はここで、せっかく来たのだからと、急に記念のお土産が欲しくなった。
たくさんの皮製のしおりを買っている人を見つけて、その人に一枚プラスしてもらって交渉した。

結局、1枚10ペソ(百円)ていどで、革のしおりをゲットしました。

【パレンケ遺跡で買った革のしおり】
そんなに安くはないんだけれども、たくさん買っている人に頼んだのだから、そこでケチるわけにもいかないしね。
まあ、百円で買おうと、二百円で買おうと、実際はどうでもいいわけなんだよ。

ただ僕としては、たった一枚のしおりでごたごた値切るつもりもなかったわけね。
僕の尊敬する「ジョージマイクス(George Mikes)」氏の本に、「金持ちの観光客が、みすぼらしい現地の人のお土産をどれだけ値切ったかを自慢しあうのは恥ずかしい」とあった。

僕もそれは自覚しているんだ。
しょせん観光客は、たいして価値のないものを高い金を出して買うものだ。

それが観光客なんだからさ。
ぎりぎりに値切ったら、ちょっとルール違反だってことも、僕は思っている。

【旅行哲学】観光客はもともとぼったくられるもの。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20070520