宮殿(El Palacio)と4重の塔(天体観測所)@パレンケ遺跡

【宮殿(El Palacio)の内部、4重の塔をバックに】
碑銘(碑文)の神殿(Templo de las Inscripciones)は、昔と違って、触ることも登ることも出来ないように、ロープが張られていた。
たださすがに、パレンケ遺跡のもう一つの特徴である宮殿(El Palacio)までは入場が規制されていない。

しかしこの話は、2007年の話だ。
あと数年すれば、宮殿にも入場できなくなる恐れがある。

というのは、碑銘の神殿に登れなくなったせいで、観光客はすべて宮殿に押し寄せているから。
いずれは入場の規制をしないと、宮殿自体が崩壊する恐れも出てくるのではないかな。

宮殿でも特徴的な4重の塔、天文台と言われている塔へは、登れなくなっていた。
その時に僕は、「この塔へは1989年にも登れなかったよなー」と思った。

ところが、戻ってきて、自分の「中米旅行記1989」を読むと、なんとこの塔へ登たことがはっきりと書いてあった。

《パレンケの遺跡はまるでディズニーランド》
ピラミッドをまた、人込みをかきわけながら下りて、エルパラシオへと歩く。
エルパラシオは複雑に入り組んだ建物の集合体だが、一番目立つ4重の塔へと登る。
パレンケの遺跡に来る人たちは必ずこの塔に登るらしく、階段は磨り減っている。
いずれは登るのが禁止されることになるだろう。
そうなれば『僕はパレンケの4重の塔に登った』というだけで旅行者としての格が上がるというものだ。


つまり僕は、1989年にパレンケ遺跡を訪れた時に、すでに2007年には4重の塔へは登れなくなるだろうと、ズバリ予測していたわけだ。

さすが世界旅行者だよね。
自分でも感動してしまった。

【欧米人のツアーでは学問的な説明をまじめに聞いていた】
上の写真を見ればわかるように、パレンケ遺跡には欧米人のツアーが多かった。
しかも彼らは、かなりまじめに遺跡を見学している。

専門のガイドがパレンケ遺跡の詳細な説明をするのを、じっと聞いている。
日本人の旅行者は、ただ遺跡をあちこち歩き回って、写真を撮ってもらっているだけだ。

【日本人旅行者は、ただ遺跡をうろついて、写真を撮ってもらうだけ】
この写真は、そういう写真を撮ってもらうことに一生懸命な日本人旅行者です。

【旅行哲学】日本人旅行者の中には、遺跡へ行ったというだけで満足する人もいる。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx