ニューオータニにがっかりする@リトル東京/ロサンジェルス

【2007年ニューオータニ日本庭園にて】
僕はロサンジェルスへは、1988年からほとんど毎年長期滞在を繰り返してきた。
ホテル加宝があったからだ。

ホテル加宝は行けばいつも部屋はあったし、また、自分の部屋のように勝手に使うことが出来た。
ふらっとLAへ飛んで、ホテル加宝へ行けば、そこから前の滞在の続きが自然と始まる。

興味深い知人もいたし、行きつけの図書館もレンタルビデオ屋も、テイクアウトのお店もあった。
ロサンジェルスの滞在を切り上げても、戻りさえすれば、またそのまま新しく始められたものなんだ。

ただ、その伝説のホテル加宝はもう消滅した。
厳密に言えば、いろんな人が来て、入れ替わり立ち代わりわいわいやって、毎日が本当に面白くてしょうがなかったホテル加宝は、いま思い返せば、僕が去った1990年に終わってたけどね。

しかし僕がLAへ行くのを止めたのは、ホテル加宝が消滅したからだけではない。
ロサンジェルスの気楽な雰囲気、がだんだん消えていったんだ。

ホテル加宝を基点にして中南米旅行へ出るような興味深い旅行者がほとんどいなくなった。
わけのわからない(が個性的だった)ロサンジェルス不法滞在者が消滅した。

それに加えて、物価が上がってしまったんだ。
LA(米国)は、とにかく食べ物のレベルが低い。

それを痛切に感じたのが、2003年のある夜だった。
ホテル加宝の部屋で、バドワイザーの缶ビールを飲む時に、つまみが無いことに気がついた。

米国ではビールのつまみといえば、ビーフジャーキーかチーズくらいしかない。
また、食事のレベルが異常に低く、その割りに高価だ。

こう感じるのは、日本のコンビニやスーパーマーケットがいろいろ努力をして、単身者向けの惣菜(おつまみ)を開発しすぎたってことかもしれないけどさ。
日本は本当に、おつまみのような本質的ではないどうでもいいことに努力することが好きな、現実逃避の国だからね。

これを世界旅行者みどりのくつした(みど先生)は、「根付文化」と定義しておきます。

というわけで、みど先生は2007年に(ある事情で)LAへ飛ぶと決まった時、新しくホテルを決めなければならなかった。
ネットの海外ホテル予約サイトであちこちチェックすると、ちょうどなんとLAの「ホテルニューオータニ」が11400円で出ていた。
ロサンジェルスのニューオータニといえば、三浦和義の一連の疑惑の中で「和美さん殴打事件」で有名になったホテルだ。
安ホテルのホテル加宝に泊まっていた僕にとっては、リトル東京の憧れのホテルだった。
いろいろ調べると、1万円ちょっとという値段は、特別の割安料金のようだ。
このチャンスを逃すと一生泊まれないと感じたので、ニューオータニに宿泊すると決める。

世界旅行者先生の海外旅行では、自分の金を払って1泊1万円を超すというのは有り得ない。
ただ、自分で金を払わない場合は、どんな高いホテルでも泊まれる。

もちろん世界旅行者も自分で3万5千円を払ってバンコクのオリエンタルホテルに泊まったことがあるけどね。

このとき僕は、LAのニューオータニをネット予約しなかった。
僕は旅行代理店を通して予約をして、金を払いバウチャーを入手した。
このときのニューオータニの宿泊料金は、ネットでの最低料金と同じく、11100円だった。

旅行代理店を通したのは、万が一予約に問題が起きた時に、文句を言える場所を作るためだ。
ネットで予約しただけだと、現地に行ってみたら予約が入ってなかった、なんてことが起きても、文句の持って行き様が無いからさ。

ま、ここまで考えるのが、世界旅行者のすごいところなんだよ。
ロサンジェルス国際空港からユニオンステーションへ、あたらしくできたフライアウェーという直行バスに乗って、30分で到着(片道3ドル)。
ユニオンステーションからは、オルベラ街の入り口の十字架を見て、ロサンジェルスストリートを南へ下る。

ちょっと早かったが、そのままニューオータニに行ってみた。
海外のホテルの場合、チェックイン時間前でも部屋をくれるのが常識だからね。
しかし、ニューオータニのフロントの対応は感じがよくなかった。
リトル東京にあるニューオータニホテルだから当然フロントには日本人スタッフが居るものと思っていたが、日本語が通じる人間は居なかった。
また、基本的な対応がなってなかった。

客に対する敬意がほとんど感じられない。
フロントの黒人女性は、日本人を馬鹿にしていると感じたよ。
だいたい、日本人客の多いホテルだから、片言の日本語でもしゃべって愛想よくするのが最低の礼儀だ。
それもやらず、笑顔もない。

こんな人物をフロントに置いておくニューオータニは問題だと思ったね。
しかも、素っ気無く、「チェックインは午後3時だ」などというのだから。

これだけ大きなホテルでチェックインが午後3時なんて、まるで日本の温泉地のボッタクリ旅館並みじゃないか。
世界旅行者は、チェックインが午後3時という言葉を聞いたとたんに、すぐ戦闘モードに入ったね。

「午後3時まで部屋が空かないといの?」「3時まで待てって言うのか!」と迫力を持って追求した。
すると、いつもの扱いやすい馬鹿日本人とは違っていると気がついたようだ。

結果、「午後1時に来い」との返事をゲットした。
バックパックをホテルに預けて、懐かしのリトル東京探求に出かけたよ。

ニューオータニのレセプションの感じが非常に悪かったので、僕は二度と泊まろうとは思わなかった。
でも、LAのニューオータニの対応が三流ホテル以下だと体験できたことは、いい話のネタになったよ(笑)。

しかも部屋の設備も全体的に古ぼけている。
ニューオータニの名前は詐欺みたいなものだ。

いまどきわざわざ泊まるホテルではないと、確認できました。

参照:「ある年のお正月、ニューオータニ日本庭園にて@ロサンジェルス/米国」

【写真】2007年のニューオータニ
【旅行哲学】あこがれていたホテルがダメダメだとわかるのも、いい話のネタ。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx