遺跡から博物館へジャングルを歩く@パレンケ遺跡/メキシコ

【パレンケ遺跡から博物館への道はジャングルを通り、吊り橋で川を渡る】
パレンケ遺跡の碑文の神殿を外側から見て再び感動した。
また、宮殿をあちこち歩き回って、みやげ物を買った。

もちろんまだパレンケ遺跡には多くの神殿がある。
太陽の神殿、十字架の神殿、葉の十字架の神殿。

ただ、これらは、ちょっと山を登らなければならない。
山を登るのは疲れるので、ここらへんでパレンケ遺跡見学は終了。

というのはもちろん、1989年にパレンケ遺跡に来ている。
その時は、僕は20歳近く若くて、世界一周の途中だったよ。

当然、軽々と走ってみて全部見て回っているからね。
遺跡を見たら、その後は、もちろんパレンケ遺跡の入り口からマイクロバスに乗ればいいだけだ。

でも、それではつまらないので、遺跡の端っこからジャングルを通り抜けて、博物館へと歩く。
遺跡から博物館までは下り坂なので、体力がなくても大丈夫だ。

【ジャングルを歩いていくと、途中には滝もあるよ】
遺跡から博物館までは、そんなに遠くはない。
しかも、方向の表示がきちんとしているので道に迷うことはない。

途中には滝もあって、それを見る場所も作ってある。
さらには滝の下で、川を渡る木製の吊り橋もある。

白人カップルと歩く速度が同じになって、互いに気を使ってしまった。
こういうときは逆に声をかけて、写真を撮ってもらう。

もちろん写真を撮ってもらったら、2人の邪魔にならないように、後ろを振り向かず、急ぎ足で立ち去る。
ジャングルを抜けて道へ出たところが、博物館の前だった。

博物館は入場無料♪
なかなか展示も立派だし、パレンケ遺跡の模型なんかもきちんとしている。

【パレンケ遺跡から出土した壁画】

【パレンケ博物館にあったマヤ文字の展示】
マヤ文字の展示があったので、写真を撮ってみました。
博物館にはお土産屋もあったけれど、そこは軽くパスする。

博物館の前で待っていると、すぐにマイクロバスがやってきた。
10ペソを払って、パレンケの町へ。

バスは出発したホテルラカンドニアの前の小道ではなくて、中心のフアレス通りに停まった。
さああとは、トラベラーズチェックを両替して、明朝5時の出発のツアーの準備をすることだ。

【旅行哲学】パレンケ遺跡を見たら、博物館もチェックする、これが定番ね。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx