3つの壁画の部屋をバックに@ボナンパック遺跡/メキシコ

【ボナンパック遺跡/右上の三つの入り口のある建物が壁画のある場所】
ボナンパック遺跡を入ると、当然のごとく大きな広場(グランプラサ)がある。
ボナンパック遺跡の見所というのは、実は、壁画だ。

この壁画はメキシコシティにある「メキシコ考古学博物館」にレプリカがあるという。
そういえば、1989年にメキシコシティに居た時、壁画を見たような気がする。

「Lonely Planet」によると、保存状態は良くないとのこと。
まあ、それはそうだろう。
湿気の多いジャングルの中で何百年も壁画がもつはずはないしね。

ボナンパック遺跡のピラミッドの右側に、三つの入り口が開いた建造物が見える。
まさかと思ったら、それが有名な壁画のある部屋だった。

しかも、ジャングルの空気にさらされている。
なんの防御措置もとられていない。

僕のような普通の観光客が壁画を直接見ることができる。
触ろうと思えば、触ることも出来る。
もちろん貴重な人類の文化遺産に、そんなことはしないけどね。
ただ、「写真を撮るときはフラッシュ禁止」と指示されるだけだ。

壁画については全く期待していなかった。
ところが、いまでも結構きれいな色が出ていて、ちゃんと人物像が確認できたよ。

【壁画の部屋の入り口】

【ボナンパック遺跡の壁画】
手ぶれ補正装置のある高感度のデジカメならもっと鮮明に取れるでしょう
これにはちょっと(かなり)びっくりした。
「おいおい、こんな管理体制でいいのーっ!」って思ったからね。

僕らのツアーは12人。
入り口でラカンドン族のガイドが付いて、1人あたり10ペソ(約百円)のガイド料を支払った。

ガイドさんはもちろんスペイン語で話す。
それを、ツアー参加者の欧米人の中年女性が同時通訳で英語にしてくれる。

なかなか知的な人だったね。
僕にも興味を持って、いろいろ話しかけてくれたし。
とはいっても、僕は説明はほとんど聞かずに、グループとはなれて、あちこち見て回っていただけだが。

ピラミッドの上にはメキシコ人(ラカンドン人?)の若者がいて、「日本人だ」というと驚いていた。
日本人のツアーも、ここまではまだ来ていないのだろう。

ボナンパック遺跡は観光客がまだまだ少ないせいか、他の遺跡に比べて制限がほとんど無い。
でも、もうすぐ、ピラミッドへ登ったり、壁画の部屋への入室が禁止されるでしょう。

今のうちに行っておくことをオススメしておきますね。

【写真】ボナンパック遺跡
【旅行哲学】遺跡というのは、観光客の少ないうちに見ておくのがいい。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx