『17年たつと、ピラミッドに登れない身体/精神力になっていた(涙)』@失われた世界(MUNDO PERDIDO)/ティカル/グアテマラ

【失われた世界のピラミッドの前に立つ世界旅行者】
2007年2月12日、サンファン社のマイクロバスで、ティカル遺跡に到着。
僕が最初に来たのは、1989年だった。
そのころでも、ティカル遺跡はかなり整備されていた。
しかし、2007年に再訪すると、全く以前の面影がない。

【ピラミッドの下にいる世界旅行者】
ティカル遺跡への入り口に迷って、立派なビジターセンターへ迷い込んでしまった。
しかし、とにかく遺跡へ入ってしまえば、土地勘はある。

【これは多分、第四神殿ではないかな/カップルもいます】
遺跡と遺跡を結ぶ通路はきれいに整備されているが、遺跡を動かしているわけではないんだから。
というわけで、僕は昔の記憶を辿って、まず「グランプラサ」へ行く。

【第四神殿】
そこで、「第一神殿」を見る。
次に「第二神殿」、ノースアクロポリスへも登る。
次に、「第三神殿」の横を通って、「第四神殿」へ。
第四神殿から、ティカル全体のジャングルと、そこにそびえる遺跡の頂上を見渡す。

【多分、1号神殿、2号神殿、3号神殿のトップだと思う】
さらに、地図を見ながら「失われた世界(MUNDO PERDIDO)」に迷い込む。
ここにあるピラミッドは、1989年に来た時は、さっさと登ったものだ。
ところが、17年もたつと、僕も歳を取った。
「別に登らなくてもいいんじゃないかな」と思ってしまう。
実はこのとき、日本人の美女と話をしていた。
彼女は多分まだ20歳代のピチピチヤングギャルだ。

【失われた世界にあった、よく知らない神殿】
遺跡でも、互いに助け合って、写真を取ったりしていた。
1989年に来た時は、僕はカメラを持ってなかったので、写真がない。
でも、本を出版したり、ネットで文章を書いたりしていると、写真の重要さがよくわかる。
僕はその美女に、「僕はピラミッドに登る気力も体力もないけれど、キミは大丈夫だから、上に登って、写真を取ってくれないかなー」と頼んだ。

【ピラミッドの下にいる子供】
それで、この美女は、元気よくピラミッドに登って、ティカルのジャングルに突き出す神殿の頭なんかを取ってくれた。
僕がピラミッドの下にいるところを、ピラミッドの上から撮ってくれたりしたよ(笑)♪
僕は時間がなかったので、2007年のときは3時間くらいで、遺跡を見てしまったんだと思う。
いま調べると、1989年には5時間も歩き続けたらしいけどね。

【欧米人の高年齢観光客のみなさんも、ピラミッドの下で休むのが正解】
もっと余裕があれば、じっくり見ることもできただろうが。
ただ、2007年のユカタン半島の旅では、遺跡を高速度で、次々と見てきた。
だから、ちょっと遺跡に当ったところもあったんだと思うよ。
やはり、二度目になると、感動も薄れるしね。
【旅行哲学】遺跡は最初の印象が大事。二度目だと感動が薄れる。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx