HISでミヤコホテルを予約する@ホンダプラザ/リトル東京/ロサンジェルス/カリフォルニア

【リトル東京、ホンダプラザのHISリトル東京支店】
2007年のロサンジェルス旅行、続いてのマヤ遺跡への旅。
これは、帰国日の決まった往復切符を使った短期旅行だった。

以前、ホテル加宝が存在していた時は、LAへ行きさえすれば部屋はあった。
だから、まずホテル加宝に落ち着いて、それからゆっくりと、何をするかを考えればよかった。

ホテル加宝はなくなった後は、まず最初の宿から頭を悩ませてしまう。
最初の宿くらいは決めておかないと、ロサンジェルスはただだだっ広いところだからね。

LAには、東南アジアの町のように、バックパッカーの集まる安宿街などはない。
インターネットでチェックしていたら、昔からの憧れ「ニューオータニ」が一万円ちょっとの値段を出していた。

これは、ロサンジェルス通、特にリトル東京通がウリの世界旅行者としては、絶対に逃してはいけないチャンスだよ。
予約したのは到着した最初の1泊だけ。

2日目からは、どうするかわからないからね。
リトル東京のHISで安い切符が見つかれば、どこかへ飛んでしまうつもりだったし。

実際、HISでは、カンクンへの当日夜のフライトが見つかった。
夜のフライトは僕の年齢だと疲れるので、翌朝のフライトにする(往復265ドル)。

次は、2日目のホテルを決めなければならない。
ニューオータニに連泊することも考えた。
しかし、1泊目はネット予約の安い料金だが、予約をしてない2泊目は165ドルプラスタックスという話だ。

それに正直、ニューオータニの部屋もサービスも気に入らなかったしね。
HISでホテルを捜してもらう。

【HISの美人スタッフからもらった名刺】
「ミヤコホテルがいいんですが、部屋はありますか?」
すると、キーボードをカチャカチャ叩いて、HISのホテル担当に電話をしてくれた。
回答は「109ドルプラスタックスの、113ドル」とのこと。

リトル東京にあるまともなホテルは、ニューオータニとミヤコホテルの2つだけ。
リトル東京通(しつこいなー♪)の世界旅行者としては、この2つに一泊ずつすることが、理想的だったわけだ。
すぐに、その予約を取ってもらう。

予約はクレジットカード番号を知らせるだけ。
その場で予約確認のレターをもらう。

これが午前10時半。
そのまま1番街を西へちょっと歩いて、ミヤコホテルへ。
チェックインカウンターで「すぐに部屋をもらえますか?」と話をする。
カウンターの女性は、とても親切で、「いい部屋がありますよ」とニッコリ。
そのままほとんど待たずに、部屋の鍵がもらえた。
ニューオータニのように「チェックインは3時です」などと言わないのがキモチイイ。

部屋は確かに大きかった。
ツィンベッドに大きな楕円形のテーブルまである。

多分これは、スタンダードではない、ワンランク上の部屋だったんじゃないかな。
ニューオータニの部屋よりも、すべてにおいて3割方グレードが上だった。

ニューオータニへ戻ってチェックアウトする。
バックパックを持って、ミヤコホテルの部屋へ移動する。

つまり、僕は、午前9時半にリトル東京のHISに行って、その場で翌日朝のカンクン往復の切符を買って、当日のミヤコホテルの予約を入れて、午前11時には部屋に入ってしまった。

午前中の短い時間で、すべての問題を片付けた。
明日の航空券はあり、今夜のベッドはある。
あとは何も予定のない自由な時間がある。

僕はミヤコホテルの部屋の大きなベッドにごろんと寝て、昨日(日曜日)に買っていた「ロサンジェルスタイムズ日曜版」をチェックする。
そして、「Letters from Iwojima(硫黄島からの手紙)」を見ることに決めた。

ダッシュに乗ってメトロレッドラインのシビックセンターへ(25c)。
駅でメトロワンデーパス(Metro One Day Pass)を3ドルで買って、ハリウッドへとメトロに乗りました。

【写真】HISの有能なスタッフの名刺(名前と個人メールアドレスは消去)/ミヤコホテル
【旅行哲学】ロサンジェルスのHISに相談すれば、航空券もホテルも簡単に見つかる。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx