ミルナーホテルは結構便利だった@ダウンタウン/ロサンジェルス

【フラワーストリートの「ミルナーホテル」】
リトル東京のHISでホテルを捜してもらったら、ダウンタウンでは「ミルナーホテル」しか見つからなかった。
担当の女性は「最近改装したそうですが、あまり期待できないかもしれませんね」と言う。

でも、僕としては、何かと便利なダウンタウンにいたいわけで、結局ミルナーホテルを取ってもらった。
その後で僕の膨大なロサンジェルス体験でいろいろと考えてみる。

ロサンジェルスのダウンタウンは、昔はもちろんにぎやかな場所だった。
ブロードウェイには劇場街もあり、ダウンタウンには店もたくさんあって、ホテルもあったんだよ。

今でも結構大きな、風格のあるホテルがそのまま残っている。
ただ、ダウンタウンのホテルというのが、養老院化していて、老人だらけってところが多いんだ。

僕がダウンタウンを歩いていたら、よくその古いホテルを使って、映画の撮影をやってた。
ダウンタウンのホテルで、養老院化しているところはとても宿泊費が安い。

ほとんどの宿泊者は、マンスリー料金で住み着いている。
昔の有名な日本人宿「ホテル加宝」で聞いたが、米国では客がホテルに一度泊まってしまうと、法律上、なかなか追い出せないのだとか。

そうそう、ダウンタウンのホテルで思い出すのが、「セシルホテル」だ。
ロサンジェルスストリートにあった昔のグレイハウンドバスディポの一筋西にあった。

町のど真ん中だったが、非常に雰囲気が悪かったよ。
ドラッグディーラーが定宿にしている感じ。

近くにはポルノショップもあったしね。
貧乏人、怪しい人、わけのわからない人たちが固まっていた。

ホテルの入り口を入ること自体、普通の人は躊躇するようなホテルだった。
部屋もいやなにおいがしていた。

部屋のドアの内鍵がかかりにくかったので、僕はホテルのスタッフを読んで、修理させたんだから。
ただ、グレイハウンドの昔のバスディポから近かったので、そのころグレイハウンドで旅をしていた日本人旅行者は時々泊まっていたとは思う。

僕は、グレイハウンドで東海岸から西海岸へ旅をして、さらにロサンジェルスから西海岸をバンクーバーまで上った後、またサンフランシスコから戻ってきた。
その時、乗り放題のアメリパスの有効期限がまだあった。

LAへ夜に到着して、翌朝ラスベガスへ移動するとき、一晩だけ泊まったことがある。
これが1988年で1泊なんと「17.68ドル!」だったっけ。

若者が北米をグレイハウンドでうろうろしていた時代、根性のある日本人の若者は、ガイドブックなんか頼らず、自分で歩き回って、飛び込んで、いろんな宿を開拓していた。
中には、「ダウンタウンの宿は安いですから、僕はウィークリーで泊まってます」というやつもいたよ。
もちろんそれは、かなり養老院化したホテルのことなんだけどね。

いまだと、旅行に出るのに、最初からインターネットで聞きまくって、「ホテルは出発前に全部予約したいですが、どこがいいでしょうか?」などという根性無しばかりだ。
昔を知っている僕からすると、情けなさすぎて、涙もでない。

1980年代の日本の若者はとにかく元気が良かった。
そのころの旅行者は誰も、予約なんか考えたこともなかったはずだ。

というわけで、昔もいまも、ダウンタウンには数多くのホテルがある。
そのほとんどは、こういう汚いホテルなんだよね。

日本人として僕以上に、ロサンジェルスダウンタウンを歩いた経験のある日本人はいない。
ただ、その僕でも、ミルナーホテルの名前を聞いたことがない。

ということは、このホテルもしばらく前まで、かなりぼろぼろで養老院化してたんじゃないかな。
それを買い取った人が、宿泊者を追い出し、改装して再オープンしたのかもしれない。
これはもちろん僕の想像だけどね。

ミルナーホテルに行くと、入り口のロビーはスッキリしてなかなかきれいだった。
チェックイン時刻は午後3時だったので、フロントにバックパックを預けて、すぐにハリウッドへ出かける。

チェックイン時間を見計らって戻ってきたが、それなのにチェックインにかなり時間をとられた。
スタッフの質はあまり良くない(気が利かないというか、人はいいようだが、頭が良くない)。

ただ、僕はただ部屋さえもらえて、その部屋がちゃんとしていればそれでいい。
そうそうおかしかったのが、このホテルの部屋のテレビのリモコン。

ボタンが異常に多くて、イヤに複雑な操作で、わけがわからなくなった(涙)。
いじっていたらテレビが見れなくなったからね。

もちろん電話をかけて、スタッフを呼び出して、テレビが映るようにしてもらって、リモコンの使い方を教わった。
結局、余計なところは触らないってことだったよ(笑)。


【ミルナーホテルを出たら、バス停があってとても便利】
このホテルが意外に便利だったのは、ホテルの入り口の真ん前にバス停があること。
ディズニーランド行きの460番なんか、きっちり停まります。
またダッシュの乗り場もある。

7番街のメトロセンターまで1ブロック半の距離だが、結構歩く。
それがイヤなら、バスで移動することも可能だ。

1ブロック西のフィゲロアストリートには、日本人のツアーが良く使う「フィゲロアホテル」もある。
けれど、ほんの少しメトロセンターに近いだけ、ミルナーホテルが便利かもしれない。

【ファミリーマートの米国版「FAMIMA!」もあった】
ロサンジェルスのダウンタウンは食事や買い物をするところがない、という人もいるが、ダウンタウンにも店はある。
例えば、日本のファミリーマートがアメリカで展開しているコンビニチェーン「FAMIMA!!」が、ホテルの裏のフィゲロア通りにあった。

お寿司もどきや日本の弁当みたいなものもある。
正直たいして成功しているとは思えないが、出来たばかりのようだから、これから内容も充実することだろう。

【24時間営業のダイナーもあります】
フィゲロアストリートには、24時間営業のダイナーがあって、アメリカ風のこってりとした食事が楽しめる。
問題は、夜は人通りがあんまりなくて、ホームレスがいたりするので気味が悪いってこと。

ただ、ホームレスも夜中に大声を出して叫んだりするだけで、特に危険な風には思えない。
ローマやパリの混雑した地下鉄に乗るよりは、ロサンジェルスのダウンタウンを歩く方が、ずーっと安全だと思いますよ。

【旅行哲学】ロサンジェルスダウンタウンも見かけほど悪くない
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx