ミルナーホテル(The Ritz Milner Hotel)@Flower Street/LA/CA

【フラワーストリートのミルナーホテル】
ロサンジェルスからカンクンへの往復切符で、ユカタン半島のマヤ遺跡をたどった。
短期間に、カンクン、チチェンイツァ、メリダ、パレンケ、ヤシュチラン、ボナンパック、ラカンドン族の村、フローレス、ティカル、ベリーズ、チェトマル、プラヤデルカルメン、と回ってロサンジェルスへ。
ロサンジェルス国際空港に着いたのが夜だったので、空港から電話をかけて、「スーパー8モーテル」へ泊まる。

翌朝は、モーテルのシャトルでロサンジェルス国際空港へ送ってもらう。
これから、もちろん前にやったように「フライアウェイ」でユニオンステーションへ行ってもよかった。

だが同じことを繰り返すのは、世界旅行者の方針に反する。
世界旅行者は常に、新しいもの、変わったものを捜し求めているんだからね。

わざわざ時間のかかるメトログリーンラインとブルーラインを乗り継いで、ダウンタウンへ出る。
そのあと、ダッシュAに乗って、リトル東京へ。

バックパックを背負ったまま、またホンダプラザの「HIS」へ。
メキシコへ行く時に世話になった、てきぱきした女性のところへ行った。

そして、前回泊まって、とてもいい感じだった「ミヤコホテル」の予約を頼んだ。
ところが、「満室ですね」との答え。

2月の第3月曜日は「プレジデンツデイ(President's Day)」という休暇だとか。
だから、その前後は観光シーズンになっていて、ロサンジェルスのホテルは取りにくいということのようだ。

帰国まで3泊するつもりだったが、真ん中の一泊だけは何とか取れる。
その値段が1泊160ドル程度する。

ここで軽く、おなじみの旅行哲学をしておくね。

日本のホテルは、だいたいは一年中同じ値段だ。
ところが、海外のホテルはシーズンによって大きく値段を変化させる。

そのいい例が、ラスベガスのホテルだよ。
ラスベガスでは、一流ホテルでも、安いときには50ドル程度で提供することもある。
が、シーズンになると同じ部屋が300ドル程度することも珍しくない。

日本の場合は、ホテルの値段はほとんどシーズンによる変化はない。
が、航空券の料金は、ホント、お盆や年末年始になると、一般庶民には手が届かないほど馬鹿高くなる(涙)。

実は、航空券の料金なんかは、シーズンにチャーター便を入れてしまえばおさまる。
イギリスなどでは夏のシーズンに向けて、メチャ安いチャーター便がたくさん飛んでいる。

日本でもそれをやればいいと思う。
が、それは出来ないんだよ。

そこには、国土交通省と日本の航空会社の天下りなどの関係がある。
日本という国では、大衆の利便よりも、官僚の老後の保障が大切なわけだから。

このくらいにして、話を戻そう。
1泊が2万円なんて、そんなに高いのでは、たとえ部屋が取れたとしても、貧乏な世界旅行者にはとてもとても無理だよ(笑)。

そこで一度話を中断して、HISを出て、ちょっと朝食を取りに行った。
僕はリトル東京については、非常に詳しい。

ただ宿については、いまはなき「ホテル加宝」に泊まっていたのがほとんどだ。
それ以前には、「大元ホテル」にも泊まったことがあるが、そこの中国人のおばさんが苦手だ。

またホテル加宝の斜め向かいにある「チェトウッドホテル」もよく知っている。
ただ、そこのマネージャーや宿泊者の悪い噂を聞いていて、あまり泊まりたくない。

実はホテル加宝のマネージャー大山さんがチェトウッドのマネージャーになっていた。
だから、このとき行けば、気楽なホテル加宝生活が待っていたんだけどね。

いくら神に導かれている世界旅行者でも、そこまでは悟っていなかった。
というか、神はまず別のホテルに泊まらせた上で、チェトウッドに導こうと考えていらっしゃったらしいんだよ。

またHISに戻って、宿の相談を再開する。
HISの女性は、てきぱきとあちこち当たってくれた。

僕に車がないことを考えて、サンタモニカのホテルを勧めてくれる。
しかし、サンタモニカへは僕は何度も行ったことがある。

さらに、どこへ行くにもダウンタウンが便利だ。
だって僕は、久しぶりにディズニーランドへ行ったりしたい。
さらには、LAのダウンタウンの写真も取りたいわけだしね。

そこで、ダウンタウンのホテルを捜してもらうと「ミルナーホテル」というホテルが見つかる。
ただ長くロサンジェルスにいる僕でも、ミルナーホテルという名前は聞いたことがない。

住所は、「813 South Flower Street」なのだから、見当はつく。
7thのメトロセンターからも近く、ダッシュにも乗りやすい。

とにかくこの日は、ダウンタウンではミルナーホテルしか部屋が空いてなかった。
他に選択肢もないことだし、ミルナーホテルに決めました。

【写真】リッツミルナーホテルの入り口のプレート
【旅行哲学】ダウンタウンのど真ん中に泊まるのも、いい経験だ。
参照: ミルナーホテルは結構便利だった@ダウンタウン/ロサンジェルス
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx