メリダからパレンケへ8時間@ADO社のバス/メキシコ

【ホテルベシルの中庭】
いつものように朝早く起きて、バスの出発が午前8時半だと時間をもてあます。
朝飯でもどこかで食べようかと、2階の部屋から下へ降りると、ホテルのおじさんが「朝飯があるよ」と教えてくれた。
カステラのようなお菓子と、コーヒーが飲み放題だった。
中庭のテーブルに腰をすえて、時間を潰していたら、おいしくて、ポットのコーヒーを飲み干してしまいました。


【メリダの1等バスターミナルの切符売り場】
メリダのバスターミナルは広々としていて、気持ちがいい。
カウンターで、切符を買って、次のバスに乗る。
切符に名前が入るが、キーボードを渡されたので、自分の名前を入れた(ちょっとスペルミスがあったが、誰も気にしない)。
午前8時半のバスに乗って、そのままゆったりとバスは舗装道路を進む。

【カンペチェのバスターミナルで】
途中でカンペチェという町に寄る。
バスを降りて、トイレに行った(ここでもトイレの使用料を3ペソ取られた)。

大型バスが並んでいるバスターミナルの写真を撮った。

【パレンケの町の中心、フアレス通り(Avenida Juarez)】
パレンケ到着は午後4時という話だったが、午後4時半に着いた。
明るい時間なので、町を歩いて、中心のフアレス通りに面した、適当なホテルに飛び込んだ。

これが、「HOTEL NIKTE-HA」。
2つ部屋を見せてもらって、通りに面した2階の1号室に決める。
料金は240ペソ。
もちろんいつものように、シャワー、トイレ、クーラー、テレビ付きの部屋だ。

朝の8時半から午後4時半まで8時間のバスの旅だった。
が、大型バスでゆったりと進むので、本を読んだり、目を閉じてうとうとしているうちに、あっけなく着いてしまった。

さて明日は、もちろんパレンケの遺跡を再訪するわけだ。
その前に、グアテマラのフローレスへのツアーについて、調べなければならない。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx