古い「ロンリープラネット(ロンプラ)」でも十分に役に立つ@マヤ遺跡/メキシコ&グアテマラ

僕が2007年に持って行った
「Lonely Planet Mexico」5th版(1995/07)
僕は何度も言っているが、本格的な海外個人旅行者は「ロンリープラネット(Lonely Planet)」を使うに決まっている。
とにかくわかりやすい簡単な英語で書いてある。

この程度の英語が理解できないようでは、海外で外国人旅行者と最低限のコミュニケーションが取れない。
もちろん、現代社会では完全にオチコボレている。
完全にオチコボレてしまったレベルの人間は、何も考えてない。
もともと何も考えてない人間が、どこへ行ってもどんな旅行をしても、何も学ぶことは出来ない。
だから、日本語のガイドブックを使って、日本人宿に泊まって、いくら海外旅行をしても、すでに最初からダメなんだよ(涙)。

「Lonely Planet」はとにかく、地図が信頼できる。
安くて信頼できる順序に宿が紹介してある。

海外個人旅行なんて、宿の情報と地図さえあれば、なんとでもなる。
物価については、常に変動しているので、いくら調べても現地へ行くまでわからない。

旅に出る前から物価を調べようというのは、意味がない。
行けばわかることを調べること自体が、馬鹿な話だ。

僕は2007年のマヤ遺跡の旅に、手許にあった「Lonely Planet Mexico」5th版(1995/07)」を持っていった。
これは、確か、1996年にキューバへ行くときに、メキシコシティ経由だったので、それでLAで買ったんじゃないかな。

10年以上前のガイドブックでも、「Lonely Planet」の場合は、読み方さえ間違えなければ十分に役に立つ。
面白かったのは、1995年は、1ペソが20円で計算してあること。
2007年は1ペソは10円と考えるので、ちょっと注意を払っていた。
古いガイドブックを読むときのコツを教えておきます。
それは、「古い旅行情報よりも、確実に移動は楽になっている」「古い旅行情報よりも、絶対に物価は上がっている」と考えること。
これが新しいガイドブックだと「情報が違うじゃないか」と腹が立つので、健康に良くない。
古いガイドブックは「何年前はこうだったということは、いまはこのくらいに変化しているだろう」と自分で変化を予測する。
すると、予想が当たればうれしいし、推測が外れても「違ったか♪」と楽しめるってわけだ(笑)。

僕が1989年に使った「Lonely Planet South America on a Shoestring」3rd版(1986/10)
もともとガイドブックなんて、だいたいの感じがわかればいいだけだ。
現地へ行けば、自分で情報を仕入れられるんだから。

例えば、上の写真、「Lonely Planet South America on a Shoestring 3rd版(1986/10)」になると、一冊の中にメキシコ、中米、南米がまとまっていた。
だから、中には手書きの簡単な地図(ホンジュラスの首都テグシガルパなんか)が入ってたりした。

でもとにかく、これ一冊で特に問題なく、中南米一周をやり遂げた。

いまの問題は、「Lonely Planet」に限らずガイドブックの情報が多くなりすぎて、分厚くなり、分冊していることだね。
いま本格的に中南米を「Lonely Planet」を使って旅行しようとすると、メキシコ、中米、南米(それとカリブ海)と、メチャな量になる。

もちろん全部持っていくなんて、重すぎて無理だ。
ま、現地に行けば、「Lonely Planet」は売ってるので、そこで買い足していけばいいんだけどね。

僕は2007年の旅行でも、1995年の「Lonely Planet」で全く問題ありませんでした。

【旅行哲学】古いガイドブックを使うと、変化がわかってとても興味深い。

しかしだからといって、無理に古いガイドブックを使うのも変だよ(笑)。
いま、マヤ遺跡を巡る旅をするならば、「Lonely Planet」の最新版のメキシコと中米を持っていけばいいでしょう。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx