ロサンジェルス国際空港で当日夜のホテルを予約する。

【世界旅行者はトムブラッドレーターミナルからホテルへの直通電話をかける】
カンクンからのアラスカ航空便がロサンジェルスへ到着するのは夜だった。
こんな日にわざわざダウンタウンに宿をとっても移動が面倒だ。
とすれば、空港近くでホテルを取ってその晩は寝てしまった方がいい。

LAXの各ターミナルには、ホテルの予約ボードがある。
その中で適当なホテルを選んで、専用電話の番号を押すと、ホテルへ直通で電話がかかる。

僕はまず、ハワードジョンソンへ電話をした。
ハワードジョンソンは、1998年、僕がベネズエラから深夜LAXへ着いたとき泊まったことがある。

最初は一晩空港で寝ずにがんばろうとしたのだが、結局体力が持たなかった。
その時も、ホテル予約ボードで同じように電話をかけたんだ。

ハワードジョンソンは、すぐ隣にコンビニがあって、ビールが買えるところがよかった。
ところが電話をすると、ハワードジョンソンは満員だということだ。

次に適当に選んだ「スーパー8モーテル」に電話をかけた。
ここは部屋が見つかった。

名前を言うと、ホテルの送迎バスを送るとのこと。
ターミナル前の空港の周回道路のホテルバスの表示のところで待つと、10分もしないうちにホテルのシャトルバンがきたよ。

【スーパー8モーテルのシャトルバン】
それに乗って、ホテルへ。
レセプションで「ビールが買えるところは無いか」と聞くと、「3ブロック先にある」との返事。

この3ブロックは遠かったよ。
このモーテルのある通りは、隣がハーツのオフィス、向かいがエイビスだったかな。

ここら辺は空港関連のレンタカー会社やホテルがあるだけのところ。
もともと人が歩くようなところじゃないんだ。

それでもビールを求めて、強引にずんずん歩くと、なんとハワードジョンソンが見えてきた。
そして10年前と同様に、隣にはセブンイレブンが存在した。

その夜はビールを飲んでぐっすりと寝て、翌朝は、朝食を食べて、またLAXへのシャトルバンに乗りました。
【旅行哲学】ロサンジェルスでは、空港へ行けばホテルは見つかる。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx