ラカンドン族の村には、観光客用の設備が整っていた

【ラカンドン族の村の観光客用トイレ兼シャワー】
ラカンドン族の村とはいっても、観光客を受け入れていて、かなりの金を稼いでいる。
だから、観光客向けの施設がある。

以前紹介したのが、観光客向けの宿泊施設。
今度の写真は、もちろんトイレ施設。
写真の建物の右側が女性用、左側が男性用だった。

入り口のところが、顔を洗ったり、歯を磨いたりする場所。
奥には、ホットシャワーの出る、一人用のシャワールームがあった。

ただ、僕が泊まった時、シャワーを浴びる人は多くなかったようだ。
欧米人は、数日シャワーを浴びなくても平気なのかもしれないね。

【ラカンドン族の村の観光客用食堂】
ラカンドン族の村に泊まるツアーには、もちろん夕食と朝食が含まれていた。
写真にある食堂に集合して、一緒に食事をとる。

食事は味付けもよく、結構おいしかったよ。
特に卵は、村を走り回っている元気なニワトリが産んだものだから、新鮮そのもの。

僕らのツアー仲間には、オランダ人も、フランス人も、もちろん米国人もいたが、みんな会話は英語でやっていた。
ただ、全員が座る大きなテーブルにフランス人の高年齢女性がいて、近くのフランス人のイケメンの若者とフランス語で会話していたのが、ちょっと浮いていたね。

このフランス人女性は、昔はかなりの美人だったことをうかがわせる風貌だった。
それで、フランス人の若者たちが彼女に親切にするのが当然だという雰囲気を(強引に)ただよわせていた。

ただ、若者たちはかなり迷惑そうだったね。
ここでも僕は、歳を取る哀しさを目の前にしたわけだ。

というのは、(この話は夕食だったが)翌朝になると、フランス人の格好いい男性2人は、彼女から離れた席を取っていたからね。
だから、人間は男性も女性も、若さや美しさに頼ってはダメなんだよ。

僕のように、膨大な知識、奇妙な経験、多くの国に旅をして、いろんな人と出会った体験で、自分自身を興味深い人間に作り上げてないと、誰からも相手にしてもらえないかもしれないよ。

【旅行哲学】人は若さをなくしても魅力的でいられる場合がある。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx