ラカンドン(Lacandon)人の村(2)@どこかのジャングル

【ラカンドン族の村の川と遊ぶ子供たち】
ラカンドン族の村には子供たちがたくさんいた。
大人はみんな白い貫頭衣(かんとうい)のような民族衣装を着ている。

大人も子供も全員白い民族衣装だが、なかには違う服を着ている子供もいる。
僕は思うが、民族服を着ているのは観光客に見せるためなんじゃないかな(笑)。

たった一泊しただけなので、そこの事情は詳しく追求できなかったが。
もうラカンドン族の村もジャングルの中の文明から隔絶された場所ではない。

パレンケからきれいな舗装道路でつながっている。
情報はたくさん入ってきているわけなので、いつも白い服というものイヤだろうしね。

【ラカンドン族の子供】
僕は旅行哲学者で、フォトジャーナリストではない。
だから、旅先で写真を撮るときに、とても気を使ってしまう。

他人の写真を勝手に撮るのが、心苦しい。
でも、上の写真の子供は、他の人と一緒に写真を撮られていた。
子供が1人になった時、僕もちょっとシャッターを押してみました。

【いつも自転車に乗っているラカンドン族の少年】
僕がラカンドン族の村に泊まるとき心配していたのが、「ビールはあるの?いくらなの?」ってことだった。
でも、ラカンドン族の村では、心配なかった。

自転車に乗ってうろうろしている少年に、スペイン語で「ウナセルベッサ!」というと、彼が自転車でどこかへ行って、缶ビールを持ってくる。
ちなみに料金もリーゾナブルな10ペソだった。

【ラカンドン族の人は車を持ってます/金持ちです】
ラカンドン族は観光で収入を得ているので、かなりの金持ちだと思うよ。
村には、何台も車が置いてあった。

【ラカンドン族の村を歩き回る世界旅行者】
そして、世界旅行者は村の中をあちこち見て歩いてました。

【旅行哲学】ラカンドン族は観光客相手で結構稼いでいる。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx