ラカンドン(Lacandon)人の村@メキシコ奥地のどこか

【CAMPAMENTO VICENTE PANIAGUAの看板の前で】
パレンケを出発したツアーは、ヤシュチュラン遺跡、ボナンパック遺跡を見たあと、ラカンドン人の村へと到着する。
パレンケの旅行代理店では、「ラカンドン人の村で泊まる」としか聞いてなかった。
どういうところへ泊まるのか、それが個室なのか、ドミトリーなのか、それが問題だった。
ただ、そんなのものは聞いても仕方ない。
旅行代理店が何を言っても、現地に行けば、それなりの宿舎があるのだろう。

特に僕は、パレンケを出たら、そのままフローレス(ティカル遺跡への基地)へ向かう。
約束と違っても、パレンケへ戻って文句を言うことはできないよ。

ヤシュチュラン遺跡の思いがけない大きさに感動し、またボナンパック遺跡の壁画に心打たれた世界旅行者みどりのくつした(みど先生)は、ちょっと心配しながら、ラカンドン族の村へとやってきた。

心配していた部屋のつくりは、シングル(またはダブル)ルームで、一応個室になってるのでホッとしたけどね。
ただこの部屋はただ仕切りがあるだけで、壁の上は開いていて全部つながっていた。


【右にある建物が観光客の宿舎】

ツアーの参加者には欧米人のカップルが多かった。
だから、「こんなところでセックスされたら、全部聞こえるし、困るなー(ドキドキ)」と考えてしまったね。

ただ、参加者はさすがに知的で、レベルが高かったので、セックスする人はいなかったようだ。
声を出さないようにこっそりセックスした人はいたかもしれないが、世界旅行者はそこまで責任は負えません。

僕の参加したツアーではラカンドン族の村に泊まっても、個室が与えられたという情報です。

ところで、1人参加の人は個室(ダブルベッド)が与えられた。
カップルで参加した人は、ダブルベッドの部屋に入る。

さてそこでなんだが、なかなか格好いい知的そうなフランス人の若者(男性)が2人で来てた。
彼らは、2人でダブルベッドに寝たのだろうか、それとも別々の部屋に寝たのか。

ダブルベッドに寝るってことは、ホモセクシャルなのだろうか。
世界旅行者はそういうことを考えているうちに、あっという間に眠ってしまいました。

【写真】ラカンドン人の村の入り口/ツアー参加者の宿舎
【旅行哲学】欧米人の多いツアーはちゃんと考えられているものだね。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx