旅行会社「KICHAN BAJLUM」のパンフレット@パレンケ/グアテマラ

【「KICHAN BAJLUM」のツアーパンフレット】
パレンケの町はとても小さい。
それは、僕が1989年に来た時から変わっていない。

ただ、観光客が増えたので、観光客向けのちょっと高級な宿ができたというところかな。
もちろん、以前はなかった旅行会社もある。

パレンケの中心のフアレス通りを歩くと、旅行代理店がすぐに見つかる。
グアテマラへのツアーの事を聞いて歩く。

一つの旅行代理店では、一日でグアテマラまで行くツアーが300ペソ(3千円)。
もう一つの旅行代理店では、同じツアーが350ペソ。

話をしていると、「ヤシュチラン遺跡とボナンパック遺跡を見て、ラカンドン族の村で一泊して、翌日フローレスへ行くツアー」が見つかった。
これは、どちらの旅行社でも千ペソだ(1万円)。

一万円というのは大きい金だよ。
でも、ボナンパック遺跡というのは、昔は飛行機を使わなければ行けなかった「幻の遺跡」だ。
またもちろん、ラカンドン族の村に泊まるのも魅力的。
世界旅行者みどりのくつした(みど先生)としては、昔来たマヤ遺跡を20年ぶりに訪れてその変化を見るだけでは面白くない。
やはり、普通の人が行きにくい遺跡を見なければね。
旅に出たら現地で聞きまくれば、思いがけない話があるもの。
予期せず「ボナンパック遺跡」「ヤシュチラン遺跡」「ラカンドン族の村」に行く話が飛び込んできた。
これは、旅行神が世界旅行者を導いているとしか思えない。

2つの旅行社を比較して、(まあ、申し込むところが違っても、実際のツアーは一緒なんてことはよくあるわけだけれども)「KICHAN BAJLUM」を選んだ。
なぜって、この旅行代理店の壁の横には、日本語でツアーの説明がしてあったからね。

気になったのは、ラカンドン族の村で泊まる部屋が、みんなと一緒のごろ寝のドミなのかってこと。
欧米人が多そうだが、彼らは平気で野宿する人たちだからなー。

でもまあ、テントならテントしかないわけだし、ドミの大部屋ならばそれしかないだろう。
一泊くらいはどんなベッドでも我慢できる。

だって僕は、西アフリカのトンブクトゥから脱出する時に、屋根もない砂漠のど真ん中で藁のマットの上にごろ寝したくらいだからさ(笑)。
まあ、いろんな経験はしておくものだよ。

ツアーは午前6時にピックアップして、一泊して、グアテマラのフローレスへの到着が午後2時半という。
もちろんそんなにスムーズにいくとは信じてないけどね。

さて実際はどうなのか、それは旅行記を引き続きお読みください。

【画像】「KICHAN BAJLUM」のツアーパンフレット(このパンフレットをサイトにアップする許可を得ています)
【旅行哲学】旅をしていると、自然とチャンスが訪れる。その時はチャンスを逃さず、グイッと掴むこと。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx