碑銘(碑文)の神殿(Templo de las Inscripciones)@パレンケ遺跡

【宮殿から碑文の神殿(Templo de las Inscripciones)を見る】
メリダからバスに乗り続けてパレンケに着いた。
昨日チェックしておいた「ホテル・ラカンドニア(Hotel Lacandonia)」へ移動する。

バックパックを部屋に置いて、ホテルの階段を降りた目の前にあるパレンケ遺跡行きのマイクロバスに乗る。
パレンケ遺跡まで10ペソ(約百円)。
ちなにみ1989年は約30円だったよ。
マイクロバスは途中でパレンケ博物館にちょっと寄る。
あわてて降りようとすると、「遺跡はまだだ!」と注意される。
実は僕もそれは知っていた。
パレンケ博物館でマイクロバスを降りようとしたのは、少しだけ、歩いて遺跡まで行く気持ちが若干あったからなんだけどね。
でも、すぐに思い直して、シートに座りなおした。

そのまま山道を上ると、すぐに遺跡の入り口だった。
パレンケの町から、遺跡の入り口まで、マイクロバスで10分程度ではないかな。
僕はパレンケ遺跡には、1989年にも来たことがある。
その時は、セマーナサンタの休みにぶつかって、大型バスがずらりと並んでいたものだ。
いまは特にシーズンでもないせいか、入り口前の駐車場にはほとんど車はない。
また、そんなにバスを泊めるスペースもなくなっている。

参考: 《パレンケの遺跡はまるでディズニーランド》

パレンケ遺跡の入場料は手首に巻くテープが20ペソ、切符が45ペソの合計65ペソ。
僕の有名な「中米旅行記(1989)」を読むと、前回来た時は、なぜか無料で入場している。

昔は、パレンケ遺跡の華、碑銘の神殿の大きな階段に、観光客が隙間なく座っていた。
いまは当然のごとく登れない。
階段の手前にロープが張ってある。
碑銘の神殿の頂上の建物からは下へ続く階段がある。
1989年には、、その中を降りて、そしてあの有名な『宇宙船に乗ったマヤ人の石版』も、僕1人で見て、対話している。
いやはや、世界旅行者はすごいね!

いまマヤの遺跡をいくら回っても、ほとんどのピラミッド神殿には登れない。
僕はそれを自分の足で登っているのだから(笑)。

有名なところでは、チチェンイツァのエルカスティージョ、ウシュマルの魔法使いのピラミッド、パレンケの碑銘の神殿、同じくパレンケの宮殿の4重の塔。

まあ、これだけのところに実際に自分の足で登っているというのは、世界旅行者しかいないだろう。
それにまた、ティカルの1号神殿にも僕は登ってるんだから。

さすが世界旅行者!
神が選びに選んだ人だけのことはあるよ(笑)。

【宮殿からパレンケ遺跡の入り口方面を望む】
碑文の神殿(碑銘の神殿)に登れなければ、階段で休むわけにも行かない。
それで宮殿へと向かった。

パレンケ遺跡の宮殿(エル・パラシオ/El Palacio)にも入れなかったら、この遺跡はただ外から眺めるだけになる。
でもさすがにそれでは、観光客が怒るだろうと思ったのか、宮殿の周囲にはロープは張ってなかったよ。

【碑銘(碑文)の神殿の正面からの写真】
【旅行哲学】2007年のパレンケ遺跡を語るには、世界旅行者の1989年の体験が重要だ。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx