ロサンジェルス観光案内所前にて

[ロサンジェルスは常に変化している。
例えば、フィゲロアとセブンスの角にあるホテルも、現在は「ウィルシャーグランド」だが、その前は「オムニホテル」だった。
その前の名前は確か「ヒルトン」じゃなかったかな。
ホテルの建物自体はそのままなのに、買収などで系列が変わると名前が変化する。

そうそう、セブンスにあるショッピングモール「セブンスマーケットプレイス」も、2007年にいったときは「セブンス+FIG」という名前に変化していた。
これも中身はほとんどそのままなのにね。

「建物も商売も変化が無いのに、名前だけがコロット変化する」、これが米国の不思議なところだ。
だから、ロサンジェルスでは過去の経験はほとんど役に立たない。

新しい情報を的確に入手するには、観光案内所へ行けばいいのでは、ということになる。
ただ、観光案内所もどこかへ移動している可能性もある。
というのは、ハリウッドにのハリウッド通りとハイランド通りの角に「ハリウッドハイランド」というモールが出来ていた。
そこに観光案内所が移動した、という噂を聞いたような気がするし。

しかし、フィゲロア通りに面したウィルシャーグランドホテルの一角にいくと、昔懐かしいロサンジェルス観光案内所(Los Angeles Convention & Visitors Bureau, Visitors Center)が、昔のまま存在したよ。
ついうれしくて、写真を撮ったけどね。

さて僕の最初のベストセラー「間違いだらけの海外個人旅行」の「ゲッティへの長い道」にも書いてあるが、この観光案内所はほとんど役に立たない。

なんとなく役に立ちそうなパンフレットはたくさん置いてある。
確かにテーマパークや美術館の割引券も付いているから、一応パンフレットをたくさん持ってきたらいいでしょう。

ただ、本気で何かを質問すると、間違ったことを教えられる。
これが僕は不思議なのだが、わざとやっているのか、教えるスタッフが間違っているのか?

この話はさらに興味深く展開するのだが、もったいないので、別の項目を立てます。
「ディズニーランド行きの460番はどこから出るの?」で詳しく語りますから、お楽しみにね。

【写真】ロサンジェルス観光案内所
【旅行哲学】観光案内所とは観光客をからかって楽しむ人たちが集まっているところ
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx