米国の出国カードをパスポートにつけたまま出国した後の対応について
注:これは僕が2007年に実際に体験したことですが、現在は違っているかもしれません。再度確認してください。

2007年、僕はアラスカ航空でLAからカンクンへ飛んだ。
そのとき、アラスカ航空のチェックインカウンターで、パスポートについていた「Iー94W」の半券を取られなかった。

原則的には米国から出国する時は、航空会社のカウンターでこれは回収される。
その記録が残って、米国から滞在許可の期限内に出国したという記録が残る。

ただ、僕はあまり気にしては居なかった。
というのは、ビザウェイバープログラムの場合、最初の米国滞在許可の範囲内で、カナダやメキシコへ入国して戻ってくることが出来るからだ。
だから、「カンクンへの短期の往復だから、米国へ戻ってくる時に、最初の滞在許可の範囲内でまたスムーズに入国が許可されるのだろう」と考えていた。

しかし、カンクンからロサンジェルスのアラスカ航空機で、またグリーンの「I−94W」が配られる。
米国の入国は最近特に厳しいので、不要だとは思ったが、すべてきれいに記入した。

そしてロサンジェルス国際空港の入国審査を受ける。
すると、前の半券を見つけて、「なぜこれがついているんだ?」と質問される。
もちろん「アラスカ航空が取らなかったので」と答える。
すると、英文の書類を渡される。
半券をその書類にくっつけて、「カードをここへ送りなさい」と書類の送り先にペンで印をつけた。
ついでに、「日本大使館へは送らないように」と付け加えられる。

もちろん無事に米国入国は出来たわけだが、興味深いので、それをじっくり読んでみた。
それを報告します。

出国カードが取られないままだと、何が問題なのか。
出国カードが回収されない場合、米国から出国した記録が残らない。

出国記録が無いと、米国に許可日数以上に滞在していたと考えられる。
そこで、米国に不法滞在していないという証明を付けて、出国カードを担当部署に送れという話だ。


【出国カードの半券と滞在許可期限内に米国を出国した証明となる書類の送付先】
ACS-INS SBU
P.O. Box 7125
London, KY 40742-7125
USA



書類には、「この住所以外には送らないように」と書いてある。
この意味は、出国カードを日本に帰国後心配になって、米国大使館に送る人がたくさん居るってことだろうなーと僕は思いました。

ところで、滞在許可期限内に米国を出国した証明となる書類とは、特に決まったものではありません。
例えば、航空券のボーディングパス、米国外で生活をしていた証明となる書類です。

【米国大使館のページにある出国を証明する書類の例】
米国を出る際に使用した搭乗券のオリジナル。
米国出国後、他の国に入国したことを示すできる、パスポート上の入国または出国スタンプ(写真が貼付されている個人情報ページを含み、全面空白のページを除くパスポートの全ページをコピーしてください)。
米国出国後、他の国で働いたことを示す雇用主からの日付入り給与明細書・給与支払簿。
米国出国後、他の国に居たことを示す自国での取引を証明する日付入り銀行取引明細書。
米国出国後、他の国に居たことを示す米国外の学校への出席を証明する成績通知表。
米国出国後、他の国に居たことを示すことのできる米国出国後購入した際に使われたクレジットカードの番号と日付の入った領収書。

ここでは、パスポートのすべてのページのコピーなど、はっきりと出国を証明できる書類が要求されています。
というのは、例えば、出国カードを海外から送っただけでは、米国を出国した証明にならないからです。
だって、出国カードだけを米国外へ郵送して、他の人が送りつけることも可能ですからね。

ただ、出国カードの半券が残っていても、普通の人は、他の国への入国スタンプ(例えば日本へ帰国した時の入国スタンプ)がはっきり残っているでしょう。
すると、次に米国へ入国する時に、不法滞在してないことはその場で簡単に証明できます。

しかし、例えば、パスポートを新しくして、米国から期限内に出国したことが証明できるスタンプのある、古いパスポートを紛失してしまった場合など、米国入国時に問題になるかもしれません。

ですから、心配な人は、出国カードの半券と期限内に米国を出国した証明となる書類を上の住所に送って、出国記録をはっきりさせたらいいでしょうね。

僕はこの後、数日で日本へ帰国しました。
その時に、新しい出国カードは回収されて、このときに米国を滞在期限内に出国した記録がはっきりと残りました。

この出国カードが残っていることに心配して、日本の米国大使館に出国カードだけを送りつける人がいるようです。
でも、出国カードだけを送りつけられても(パスポート番号もわからないですし)、米国大使館は処理に困るわけですね。

心配な人は、上の住所に、絶対に期限内に米国を出国したと証明になる書類をつけて、送付したらいいでしょう。
もちろんただ書類だけではなくて、出国記録が残ってない経緯を説明した、英文のレターが必須です。

参考:http://japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-waiveri94.html:(米国大使館のサイトでも説明がありました)

【写真】世界旅行者が渡された出国記録修正の書類と、出国カードの半券
【旅行哲学】米国旅行はなかなか面倒になりましたね。

【世界旅行者の個人的な考え】
この出国カードの取り忘れの問題は、日本のインターネットの海外旅行掲示板では以前から問題になっていました。
「返却しないと入国拒否されます!」などという、人を脅迫するようなアドバイスをする人もいた。
それで、怖くなって、半券だけを日本の米国大使館へ送りつけた人が多かったようだ。
この問題の本質は、「半券を返却すること」ではない。
「米国に滞在許可期限以上に滞在しなかったという証明が出来るかどうか」ってことだ。
だから、パスポートを見せて簡単に証明できるならば、英文で説明をつけて、証明の書類を送るなんてたいそうなことはしなくていいだろう。
それに、実は、陸路で米国を出国する時は、まったくチェックが無いので、半券を渡すところは無い。
陸路で出国する場合は、普通にしていれば、自然と半券はパスポートに残ったままだ。
もし、この規則どおりに、陸路出国した人全員がが書類を送付したら、あまりに数が多すぎて処理できず、この機関はパニックに陥ることだろうね。
ですから、普通に旅行をしていて、普通に半券が残ってしまった場合は、あまり深刻に考えずに、以前の滞在で期限内に出国した証明が出来るようにして、入国審査を受ければいいでしょう。
それは、常識の範囲内で考えたらいいと思いますよ。
(ただもちろん、これは僕の個人的な考えなので、最終的には自分で考えて決めてください.。世界旅行者は責任は取りません)
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx