リトル東京のHISで翌朝のカンクン往復切符を265ドルで購入。

【リトル東京のホンダプラザにあるHISリトル東京支店】
僕はリトル東京のHISにはずいぶん前からお世話になっている。
また、ホテル加宝へ来たわけのわからない旅行者諸君を次々と中南米へ送り出した時、手っ取り早く「リトル東京のHISへ行けば大丈夫だよ!」と切符を買わせてきた。

だからといって、僕に特別割引をしてくれたわけではない。
ホテル加宝から切符を買いに行く人たちには「HISにはホテル加宝割引があるから」とアドバイスをしていた。

もちろんそんなものは無い(笑)。
でも、いい話のネタになるじゃないか。

僕は中南米に旅立つ若者に、「旅先の話を信じてはいけない」という教訓を教えたかっただけなんだ。

2007年にある用事でLAへ行った時、「時間が出来たらどこかへ飛んでもいい」と考えていた。
もちろん、予約などはしていなかった。

だって、旅の本質は「その時の気分で移動する」ってことなんだからさ。
というわけで僕はもちろんふらりと、ロサンジェルスのリトル東京の「ホンダプラザ」にあるHISリトル東京支店へと足を運ぶ。

そして、聞いた。
「今日か明日、中南米で安く飛べるところありますかね。できたら、グアテマラへ行って、ティカル遺跡を見たいんですけど」ってね。
日本の旅行代理店だと「今日来て今日飛べる安い切符なんてありませんよ。世の中勘違いしてませんかー(笑)!」という返事があるかもしれない(または「緊急発行手数料」などというわけのわからないものをぼったくったりする)。
しかし日本を除いた世界中では、飛びたいと思った時に、旅行代理店へ行ってその日の切符を買うのは、ごく普通の行動だよ。
日本人だけなんだよ。
半年前から旅行の予定を立てて、予定を立てることで神経をすり減らして、出発の時には疲れ果てているみたいなことはね(涙)。

世界旅行者は、当然のこととして、すぐ飛べる安い切符をたずねた。
すると、「今夜のユナイテッドで483.20ドル」とのことだ。
フライトが夜の10時55分、グアテマラシティ到着が午前5時31分。
これはまず高すぎるし、夜のフライトは疲れる。
つまり、グアテマラへ行くのは無理だ(涙)。

「カンクンへ飛んだらいくらでしょう」と聞く。
カンクンから陸路伝いにティカルへ移動することは可能だからね。

すると、「今夜のユナイテッドで、カンクンへ278.48ドル。シカゴ経由です」との返事。
ロサンジェルスからまずシカゴへ飛んで、そこで乗り換えて、さらにカンクンへ飛ぶ。
つまり、ものすごく時間がかかる。
僕は時間がかかるのも、金がかかるのもイヤなんだよ。
これもダメだ。
しかし、僕の顔を見ながらコンピューターをカチャカチャやっていた担当者は、びっくりした顔をして言った。

「いまチェックしたら、アラスカ航空で264.48ドルがあります」とのこと。
これは直行便で、明日午前10時5分にLAX発、午後4時55分にカンクン着だそうだ(時差があることに注意してね)。

いい時間じゃないか。
直行便で、朝無理の無い時間に出発して、到着もまだ明るい時間だ。

しかし何か落とし穴があるかも。
「他に税金とか、空港使用料とか、燃料サーチャージとかかかりませんか?」と確認する。
答えは「全部込みで264.48ドルですっ!」とのスッキリした返事。
ふらりと入ったLAの旅行代理店で、翌日朝のカンクン往復の航空券が全部込みの値段で265ドル弱。
これで切符を買わなかったら、男じゃないね。
というか、少なくとも世界旅行者みどりのくつした(みど先生)の名がすたる。
席があることを確認して、購入を決断する。
切符はその場でE-Ticketで発券された。

ま、こういうことなんだよ。
航空券をよく見ると、この切符のもともとの値段は150ドル程度だ。
それに、税金やなんかがたっぷりとくっついて、それで265ドルになっている。
いやはや、これはすごいね。
神は世界旅行者のために、わざわざこの切符を用意しておいてくれたんだよ。
ところで世界旅行者は、この日のホテルを予約していなかった。
そこで、HISでついでに当日のホテルを予約してもらいました。
それがリトル東京の中心にそびえる「ミヤコホテル」だったんだ。

(この項「ミヤコホテル」に続く)
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx