すべての観光客向け施設はフローレスに集中していた。

【ペテン湖の夕暮れ/フローレス】
僕は1989年のときの記憶に邪魔されてしまった。
その時は、フローレスは寂れていて、ペテン湖にはゴミが浮いていた。
だから、サンタエレーナが中心で、ホテルサンファンにすべてが集中していた。
ところが、2007年には、すべてはフローレス島の中にある。
観光客が食事を取るようなレストランも、すべてフローレス島の中で、一歩島から出ると、何もない。

【フローレス島は、夜でも賑やかに店が開いている】
フローレス島を夜に歩いても、スーパーマーケット、お土産屋、インターネットカフェなどが、ずらりと並んで、欧米人で賑わっている。
これからますますその傾向が強まるだろう。
旅行会社のバスも、フローレス島の中でホテルを回って、ピックアップする。
ホテルでツアーなどは予約できるので、わざわざ島の外に出る意味はない。
正直、全部セットされているので、個人旅行の感じがしないのが、残念かな。
現在の海外個人旅行は、現地の旅行会社任せになっていくようだ。
【写真】フローレス島の夕景/夜のフローレスを歩く
【旅行哲学】昔の記憶にとらわれてはダメだ。
「ホテル加宝物語」1989 ホテル加宝物語
中米南下 南米ルート 南アメリカ 中米北上 カリブ
world index
ユカタン半島一周 ロサンジェルス2007
xxx